まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみと申します。

今回は、レボトミンの副作用の筋肉痛について書いてみようと思います。

【レボトミンの副作用】レボトミンとは

レボトミンは抗精神病薬です。

抗精神病薬には、古い第1世代と、比較的新しい第2世代があり、レボトミンは第1世代に属します。

基本的には、統合失調症のお薬です。

でも、ほかの精神疾患、躁病とか、うつ病のおける不安や緊張に対しても、使われています。

レボトミンは眠らせる作用の強さに定評があり、現在でも、不眠症状や興奮症状を中心に使われることがあります。

私は、双極性障害Ⅱ型ですが、頓服で1ヶ月に1~2回飲んでいます。

自分では、抑えられないイライラが起きたときに、飲んでいます。

【レボトミンの副作用】レボトミンの副作用 筋肉痛

私は、双極性障害Ⅱ型です。

うつ症状がほとんどで、あまり躁にはなりません。

うつ状態の時には、気分が沈んだり、人に会いたくなかったり、話もしたくない、自分を責めてばかりいるといった症状になります。



スポンサーリンク


精神的に、とても辛いのに、頭痛や肩の痛み、筋肉痛になることがあります。

肩甲骨のところが、両方痛くなります。

腕を曲げたときの、肘の上側がとても痛くなります。

両方の腕の、肘の上側の筋が痛くて、ずきずきします。

急に痛くなるので、湿布を貼ったり、筋を押さえて、マッサージしてみたりしますが、痛い日はしばらく続きます。

でも、急に痛くなるのと同じくらい、急に、痛みも治まります。

あんなに痛かったのに、急に痛みがなくなるので、とても不思議に思います。

レボトミンの副作用として、筋肉痛があるようですが、私のは、それとは違うと思っています。

レボトミンの副作用の筋肉痛とは、どんなものなのでしょうか。

横紋筋融解症と言われるものですが、手足のしびれ、けいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難などがあるようです。

筋肉や関節が痛むという、症状が出る人もいました。

日常生活に支障がない程度らしいのですが、痛みというのは辛いですよね。

レボトミンもそうですが、筋緊張を取り除くという効果がある反面、筋肉痛が起こる場合があります。

相反しているようですが、やはり、どの薬にも、副作用というのがあって、何かに当てはまってしまうことがあります。

筋肉痛などは、運動をした後に、起こるものだと勝手に思っていますが、うつ病の人などでは、この筋肉痛で苦しんでいる人も、結構いると思います。

病気の症状と副作用は違いますが、どちらにせよ、痛みはしんどいことです。

我慢するというのも、一つの手ですが、無理せずに、先生に相談してみても、いいと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク