チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前に社会復帰するまで約5年間、精神科に通院していました。

初めは普通の内科、その後メンタルクリニック、そして総合病院の精神科へ転院しました。

どの病院でも診断は同じく「うつ病」「神経症」「パニック障害」でした。

過呼吸の発作は自覚がありましたが、自分が「うつ」の状態にあることは初めはわかりませんでした。

しかし、周りの家族にすら拒否感を示し、毎日体調が優れず、気持ちが塞いでいました。

そんな私を見かねて、家族の引率のもと病院へ通院することになったのです。

医師との疎通の問題や、交通の便などの理由があり、何度か転院しましたが診断は変わりませんでした。

私は「うつ病」「神経症」「パニック障害」と診断され約5年間通院していました。

初めは自分が何故病院へ行かなければならないのか?と疑問でした。

それでなくても「精神科」という響きで敬遠してしまっていました。

パニックの症状が酷く、安定剤をもらい服用していました。

しかし、ある出来事によって病状が酷くなってしまったのです。

それでも、その内科の医師は「仕事をして日々の生活をキチンとすること」と言いました。

段々と働くことがうまく出来なくなった私は別の病院へ行きました。

そこで「うつ病」と「神経症」の診断をされ、休職することになりました。

<うつ病と仕事の関係性>

「仕事 うつ」

初めは、仕事を休むときに体調の不良を理由にしていました。

実際、頭痛や不眠、不安感などが強くあり、とても仕事に向かう状態ではありませんでした。

うつ病になる方の多くは、本人にしか分からない多大なストレスを抱いてることがあります。

そして、そのストレスの原因が仕事であることも多いのです。

俗にいう「ブラック企業」などではなくても些細な人間関係や職場内の役割の変更などでストレスを感じることがあるのです。

もしも、自分の思い当たるストレスが仕事に関係していることならば、一度ゆっくりと休養することも必要だと考えます。

私は、病状が悪化した時に一気に職場・家庭・自身のことでストレスが溜り限界になったのだと思います。

原因がいくつかあっても、そのうちの一つを減らすためと体調不良の為、仕事を休職にしてもらいました。

<うつ病で仕事を休む場合>

「リラックス」

私のように、うつになる原因が他にもある場合は、体調不良ということで1週間ほど休養をとることも一つの方法です。

1週間と聞くと短いと考えますが、仕事に追われることのない日々を少しでも過ごし、好きなこと楽しいことを優先させることは、ある意味大切です。

うつ病が仕事と密接に関係している場合、または体調が悪すぎてどうしても仕事に向かえない場合は診断書が必要です。



スポンサーリンク


「精神科」や「メンタルクリニック」など現在のストレス社会では、意外とすんなりと状況を把握し医師が診断書を記入してくれます。

私の場合も、休職するにあたり診断書を記入していただきました。

「パニック症状が酷くうつ病の為、仕事をすることが困難である」という書き方でした。

復帰をすることに焦らず、心の元気を取り戻すために一度仕事を休むことは、前向きな選択だと言えるでしょう。

<うつ病の診断の仕方>

そもそも、うつ病とはどんな症状だと「うつ病」の診断がおりるのでしょうか?

それは、色々な症状をもとにした問診が長い間基準とされていました。

精神科やメンタルクリニックや心療内科というところは他の内科とほぼ変わりません。

心のリラックス感を持たせるためと、医師との信頼関係を築く為か診察室の患者との距離は近いようなフラットな感じがあります。

そこで問診を受けるのですが、内容は「眠れているか」「きっかけはあったのか」「興味が減ったか」などを聞かれます。

他にも「食欲の減少・増進」「疲れやすさ」「気分の落ち込み具合」などを細かく医師に聞かれます。

私の場合は、眠れないこと、興味がわかないこと、無気力なこと、悲観的なことなどがありました。

しかし、自分のそんな症状をうまく伝えることが出来ず、初診の時は家族も含めかなりの時間がかかりました。

病院によっては先に「心理士」と呼ばれる方が、概ねの心の状態を聞いてくれ整理し医師に伝えてくれることもあります。

<新しいうつ病の診断>

「光ポトグラフィ うつ」

うつ病は【気分障害】という大きなくくりの中の病気の一つです。

その中でも「うつ病性障害」と「双極性障害」とに分かれ、私のように「神経症」が加わったりする場合もあります。

問診だけで全てのうつ病の患者が正しい診断を受けられるのか?という疑問もわきますね。

しかし、現在では新しい診断方法が取り入れられるようになりました。

それが【光トポグラフィ】という検査方法です。

脳活動に伴う血中ヘモグロビン濃度の変化を計測します。

もともとは脳の状態を検査するための先進医療として活用されてきた機械です。

身体への負担も少なく【目で見えるうつ病の検査】ということで近年注目されています。

今まで、分かってもらえなかった、信じてもらえなかったという辛い症状をお持ちの方もいらっしゃると思います。

私も「怠けてるのではないか?」と心無い発言をされ、とてもつらい思いをしたこともあります。

それが、このように医療の発達により、目で見える検査結果としてうつ病が発見できることはとても画期的だと思います。

充分な問診とそれを助ける【光トポグラフィ】の検査によって、うつ病が早期に発見できることは、辛い症状に悩む人にとっても良いことだと考えます。

機会があれば、ぜひ試してみてくださいね!

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク