チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前まで「うつ病」「神経症」「パニック障害」と診断され通院していました。

<精神科でうつ病と診断された時>

精神科に行くほどではないと、自己判断をしていましたが家族に強く勧められました。

自分では気づかない行動の変化や、言動の変化があったのだと思います。

とは言っても、「精神科へ行く」という事自体がとても不安でした。

不安と、何故自分がいかなければならないのか?と不思議にも思っていました。

精神科へ行き、問診を受け色々なことを聞かれましたが、対人恐怖を少し感じていたのでうまく説明できませんでした。

家族が付き添ってくれていたので、家族と医師とで面談をしてもらいました。

すると、まずは一刻も早く環境を変えなければならないと言われました。

今まで生きてきて、生活していた環境が人格を形成しているのですが、私の場合は色々な問題が重なりすぎていました。

住むところを変え、仕事も休職し、生活は一変しました。

<医師が入院を勧める場合>

d

生活を変え、落ち着くかと思いきや、私の病状は悪化の一途をたどっていました。

そんな時、ある辛い出来事があり、私は他者との関わりを完全に経ってしまいました。

もちろん家族も同様ですし、友人・知人とは連絡も取れませんでした。

家族はどうしたらよいか分からなかったと言います。

接し方が分からず、病院へはかろうじて一人で行っていましたが、それも苦痛でした。

最悪のことばかり考え、ついには車の中で生活するような状態になっていました。

自分の家にも居れず、漫画喫茶か、車にしかいませんでした。

医師にそのことを話すと「入院しませんか?」と言われました。

自分でも今思うと、あの時期は本当に辛く、よくあんな生活をしていたなぁと振り返るときがあります。



スポンサーリンク


しかし、私は「入院するならこの病院ではなく別の大きな病院です」と言われ、不安になりました。

対人恐怖が強くなっていたので、唯一と言っていいほど医師としか会っていなかったのに、他の病院は考えられませんでした。

かたくなに入院を拒否し、家に戻ることだけは約束し実行しました。

<入院の判断基準とは?>

sjk

私の場合は、そんな理由でしたが、医師はうつ病の患者さんにどのような場合に入院を勧めているのでしょうか?

調べてみた結果、以下のような場合に入院を勧めることがあるようです。

①自殺に至る可能性が否定できない時
②家庭環境が休息できない環境である時
③重症度が高い時
④抗うつ剤などへの治療反応性が悪い時
⑤食事を取れないなどで衰弱が著しい時
⑥他の身体疾患を合併している時
⑦その他主治医が必要と判断する時

実際は外来治療で、様子を見ながら安心できる自宅での療養が望ましいようです。

しかし、上記のようなケースの場合は入院を勧められるケースになり得るようです。

私の場合で言えば、②が当てはまっていたような気がします。

自宅で休息できないために、他の場所へ逃げていたのだと思います。

入院は、きちんと食事の管理も出来るし、医師の診断と治療をすぐに受けることが出来るのがメリットです。

しかし、私が実感して思うのは、やはり他者とうまく接することが出来なくても外の空気を感じることはとても大切だという事です。

社会の中に自分が確かに存在している、という事を前向きに捉えることが出来るからです。

私は「今日は外へ出れた」「今日は化粧が出来た」と、日々出来たことを褒めるように友人に助言されました。

出来なかったことを悔やむのではなく、小さなことでも出来たことを満足し自分を褒めてあげること。

初めはとても難しいことでしたが、「自己嫌悪」になりがちな病気ですので、実践してみることも一つの方法かと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク