チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前まで「うつ病」と診断を受けて、精神科に約5年間ほど通院をしていました。

<うつ病と家族>

初めは自分で「うつ病」だとは、思っていませんでした。

パニック症状を何年も前から患っていたので、その延長線上のようなものだと思っていました。

身体の症状は、頭痛やめまい、そして鎮痛剤を飲み過ぎたための胃痛、パニック症状でした。

しかし、もとから頭痛もちだということもあり、それほど気にしていませんでした。

その時は、家族とは離れて暮らしていましたので、余計に誰にも相談などもしませんでした。

そんな中ある辛い出来事がきっかけに、落ち込む毎日を過ごすようになりました。

仕事には行けるけれども、パニック症状が起きてしまい、仕事にならない日も多々ありました。

 

「紙袋 パニック障害

帰りの車の運転も出来ずに、紙袋を常備して落ち着いてからでないと帰れない日々でした。

そして、段々と人とのコミュニケーションが取れなくなり、一人で行動をしてパニックを起こすようになりました。

自分では、それでも内科でパニック症状が起きた時の安定剤をもらっていたので大丈夫だと思っていました。

しかし、それを知った家族が「精神科に診てもらおう」と言って付き添ってくれたのです。

その時に初めて、自分が「うつ病」であること。

辛い出来事が引き金になったけれども、その環境を変えるべきだとも言われました。

<家族との毎日>

家族と暮らすようになったのは、医師の勧めもあってのことでした。

その時の私は、自分の身の回りのことさえ満足に出来ず、毎日をぼーっとして過ごしていました。

子供がおりましたが、子供のことも満足に出来ず、全てを家族に任せていました。

そして、それに対して【感謝】という気持ちよりも【申し訳ないから自分がいないほうが良い】と思いました。

何度も家出のように、フラッと夜中に出かけてみたり、居なくなったりしていました。

対人恐怖症もその時には酷く出ていたので、どこかの店に行ったりするわけではありませんでした。

それでも、夜になると行動的になり、一人で出かけてしまうのでした。

「夜道

その当時の自分の心の中は、何を考えていたのか今は覚えていません。

しかし、夜中に出かける私を家族はとても心配していたそうです。

それでも「どこに行くの?」「なにをするの?」と聞くと私が拒否反応を示すので、一切聞かなかったそうです。

今となっては「あの時は大変だった、こっちがうつになりそうだった」と言われます。

私はうつ病になった当人ですが、周りの人、特に家族が本当はもっとも大変なのではないかと考えるときがあります。

<家族の限界>

家族はうつ病の人を、放っておくことなど出来ないと思います。

それは、家族としての愛情があるからだと考えます。

しかし、いつになったら治る病気なのか、そもそも治るものなのかと思うほど長い時間をうつ病の人と接しなければいけません。



スポンサーリンク


【回復期】と呼ばれる、徐々に良い方向に向かう時期があっても、また逆戻りする場合もあります。

私も回復期にとても調子が良くなり、パートの仕事をしましたが、すぐに体調が悪くなり仕事が出来ませんでした。

経済的安定も,もちろんありませんでした。

家族に頼り切って、生活をしていました。

そういう状況の中、家族は限界を迎えようとしていました。

【家族の限界】とは、そもそもどういったものなのか?

それは、愛情をもって、心配をして接してきたうつ病の人に対して「怒り」を感じることだと考えます。

そして、それを罪悪感だったり、焦燥感を感じるようになり、家族の心の安定が無くなっていく状態になるのです。

このように家族が限界を迎えていたとしても、うつ病の患者は気付きませんし、状態が良くなるわけでもありません。

では、このような場合はどうすれば良いのでしょうか?

<うつ病の家族が限界を感じた時の対処法>

うつ病の人と一番身近に接し、世話をしたり、経済的援助をする家族が限界を迎えたとします。

そういう時でも、うつ病の人は病院へ行き、治療を受けなければいけません。

それにさえ、付き添えない、気持ちに寄り添えない状況に家族がなった場合に一番に考えたいのは【家族の健康】です。

健康とは、心の健康と身体の健康を指します。

そのどちらかも健康でなければ、うつ病の人に接することが困難な状況になってしまいます。

その為、「まずは自分の健康も大切だという事を考える」というスタンスを持つことです。

そして、うつ病の人と一緒に付き添って病院へ行った際にでも、医師に相談することが大切です。

うつ病の患者を診ている人がうつ病になるケースも多々あります。

ミイラ取りがミイラになるといったことわざと同じ現象です。

しかし、うつ病の人と暮らす家族にとって、みんながうつ病になってしまっては元も子もありません。

ですから、自分がうつ病とまではいかなくても、精神的・肉体的に疲れが来ていることを医師に伝えることが重要なのです。

そして、一時的だとしても安定剤を服用したり、睡眠薬で安定した睡眠を確保することが大切なのです。

もしも、一緒に暮らす、または身近な存在の人がうつ病の症状があまりに酷かったとします。

その影響で、自分自身の生活が危ぶまれるような状態、もしくはうつ病の人を家で看護するのが難しい状態であるならば、一時的な「入院」も考えるべきだと思います。

「精神科 入院

私は、精神不安が強く、対人恐怖症で家族と接点を持てずに外で生活するような状態になった時に、入院を勧められました。

その時は子供がおりましたので、拒否しましたが、今思えばその時の家族の苦労は耐え難いものだったのだと思います。

このように、医師に相談すること、うつ病の患者の入院を選択肢に入れること。

この二つを状況に合わせて考えに入れておくだけで、うつ病の人と接する家族への負担は少しでも減るのではないかと考えます。

私はうつ病になっていた当人なので、周りの苦労や苦難は想像の域でしかありません。

しかし、自分のそばにその当時の自分のような存在がいたら大変だったであろうと想像します。

ですから、側に要る人は無理をしないことを心がけ、愛情があり放っておけなくても医師へ相談したりする措置をとることが重要だと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク