チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は、うつ病と診断を受けて約5年間精神科に通院していました。

<うつ病とサプリメント>

現在は社会復帰をして、無理のないように生活しています。

精神科には行っていませんが、1年に1,2回ほどパニック発作が起きるので内科で安定剤を処方されています。

発作時のみ服用とのことで、現在はほとんど服用していません。

しかし、自分でも不思議なのが10~15種類ほどの精神科の薬を服用したせいか、薬を飲まないと不安になるときがありました。

それは、治り始めで薬が段々と減薬傾向にあるときに思っていました。

朝起きて薬を服用し、昼はそれほどでないにしろ夜や寝る前に何か薬を服用したくなるのです。

そこで私は、「心の状態は安定しているのだから薬が必要ないんだ」と思い込むようにしました。

しかし約5年間服用することが習慣づいたのか、薬を服用しないのが不安の引き金になってしまうのでした。

医師に相談し、漢方薬などを試したりもしました。

徐々にアルバイトなど短時間の仕事をするようになっても、その習慣は治りませんでした。

体力も落ちていたので、毎日が疲れ切っていました。

そんな時に【サプリメント】を健康維持と体力回復の為に取り入れてみようと思いました。

<西洋医学にもとづくサプリメント>

ge

初めに私が飲んだのは「ビタミン剤」でした。

栄養補給のドリンク剤でも同じようなものでしたが、毎日続けられて薬のように服用できるところが自分に合っていました。

プラセボ効果という別名「偽薬効果」もあったと思います。

サプリメントを飲むと心が落ち着いて、元気も持続していたように思います。

私のようにプラセボ効果を期待して自分でサプリを取り入れる人はあまりいないと思います。

しかし、西洋医学にもとづいたサプリメントは欧米で精神病患者によく取り入れられています。

代表的なのが【セントジョーンズワート】というハーブです。

これは、日本名では【西洋オトギリソウ】と呼ばれる野草の一種で軽度のうつやイライラ・更年期などに欧米では処方されます。



スポンサーリンク


日本でも一般的にサプリメントとして流通しています。

注意としては、もしも病院でうつ病に対しての薬を処方されている方は、脳内のセロトニンの増加を過度にしてしまうので、重複して服用することは避けた方が良いでしょう。

<色々なサプリメント>

%e3%81%86%e3%81%a4%e7%97%85-%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88-%e5%8a%b9%e6%9e%9c-google-%e6%a4%9c%e7%b4%a2
このほかにも、ハーブをはじめ、皆さんおなじみのビタミンや、妊婦に良いと言われている葉酸、魚油の成分であるω(オメガ)-3脂肪酸などがあります。

これらすべてが、うつ病に必ず効く!という訳ではありませんが、効果があると言われています。

欧米では主流となるハーブやサプリメントでうつ病が改善した、行動的になれたという報告がたくさんあります。

日本はどちらかといえば、西洋医学に基づいて医師は診察をしますが、もちろん東洋医学の漢方なども取り入れています。

私は、自分がうつ病の薬をほとんど服用しなくなったときに、健康維持の為にビタミン剤を飲むようになりました。

今は、女性なので鉄材や、ビタミンB群やマルチビタミン、ビール酵母などを服用しています。

自分の状態に合わせて、続けていくことで効果があるものだと考えます。

サプリメントは日本では「効能・効果をうたってはならない」ことになっています。

ですから、「こんなお悩みの方へ」というやんわりとした表現で販売されているのがほとんどです。

その中から、ご自分で続けていけそうなもの、取り入れたい成分のものを選ぶことが重要です。

もちろん他に処方薬を飲んでいる、または服用している薬の種類によっては飲んではいけないサプリメントもあります。

サプリメントと言えども、薬との相互作用があり、悪影響を及ぼすこともあります。

一番は医師や薬剤師、またはドラックストアなどに常勤している登録販売者に相談しながら購入することをお勧めします。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク