チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前までうつ病を患い、精神科に約5年間通院していた経験があります。

<音楽とうつ病>

現在は、無理のないように心がけながら社会復帰をし、働いて子供を一人で育てています。

色々、体調の不良があったり不安があったりと完全に元の状態になったわけではありません。

しかし、今は自分の弱い部分を受け入れて無理のない生活を送ることでやり過ごせています。

さて、精神的な病気に対しての治療は、現在の日本ではほぼ【対処療法】が主になっています。

対処療法とは、患者の状態に合わせて対処して薬やカウンセリングを行うという治療法です。

では、その他にはどのような治療法があるのでしょうか?

それは【休養】【薬物療法】【精神療法】の三つが大きな柱となっています。

これ以外に、サプリメントを用いたものや、運動を取り入れたものなど様々あります。

しかし、どれも治療法とまではいかず、病院で認知され全国的に実施されているものは少ないのが現状です。

その中に【音楽療法】というものがあります。

音楽でうつ病が治るのか?と疑問に思われる方も多いと思います。

しかし、手術室にクラシック音楽をかけたり、分娩の際に音楽をかけたりすることは一般的なことになっています。

このように、音楽と精神には繋がりがあると考えられてきているのです。

<具体的な音楽療法とは?>

%e3%80%8c%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e7%99%82%e6%b3%95

それでは、音楽療法とは具体的にどういうものかというと大きく二つに分けられます。

【受動的な音楽療法】と【能動的な音楽療法】というものです。

これはわかりやすく言うと「音楽を聴く」と「音楽を奏でる・歌う」の二つがあるということになります。

音楽を聴いて心が安らいだ経験や、歌を歌ってスッキリした経験が誰しもあると思います。

うつ病などの精神疾患には、【受動的な音楽療法】を選択されることが多いようです。

音楽が精神とは無関係であるとは言い切れないことが、私たちの身の回りではたくさん起こっています。

結婚式などで感動的なBGMが流れるとうれし涙が出たり、悲しい場面では悲しいBGMが流れます。

迫力のある映画などでは、挿入歌などによって感情移入が出来たりもします。

このように、その状況に合った音楽を聴くことで、感情が左右されることがあるのです。



スポンサーリンク


私も、うつ病になった当初、身近な人が「そばにいるから大丈夫」という内容の曲を聴かせてくれて安心し感謝し泣いた経験があります。

人は気付かない所でも身近に音楽と共にあることが多いものです。

ショッピングに行っても、病院に行っても音楽は流れています。

このことから言っても、「音楽が精神と密接に繋がっている」ということが分かります。

そして、この繋がりをうまく利用することが出来れば、うつ病に対しての【音楽療法】が出来ると考えます。

<音楽療法の効果とは>

うつ病に音楽療法が本当に効果があるのか?ということは、うつ病の患者さんや周りの人にとっては疑問だと思います。

もちろん、うつ病の症状も人それぞれ違いますし、私も途中から状況が一変したりと様変わりし、戸惑いました。

周りの人もその病状・状態に合わせて接することが必要となり、本当に大変だと思います。

そんな時に、音楽を聴かせることが良いのか?と考える方もいらっしゃると考えます。

先ほど音楽を聴くということが、うつ病の改善に繋がりがあると申し上げました。

しかし、それには聴くタイミングというものがあるのです。

これは、うつ病の特性でもある「喜びや興奮・興味の消失」が深く関わっています。

自律神経の乱れからくるこういった症状ですが、うつ病と診断された直後や、状態が悪化している時に特に起こります。

そんな時にいくら、素敵な音楽や安らぐ音楽を聴いたとしても、心の安定には繋がりにくいのです。

そもそも、音楽を聴くという行為は「副交感神経」を刺激するために行うのが理想的です。

交感神経は興奮や活動を優位にさせ、副交感神経は逆に眠るときやリラックスする時に優位になります。

このことを利用し、治療を有効にするためにも、うつ病になってすぐではなく【回復期】や落ち着いている状態の時が良いと考えます。

【回復期】とは徐々に活動が出来るようになったり、好きなことに向かうことが出来る時期のことを言います。

少しずつ社会との関わりを持てる時期なので、このような時期に音楽を聴くということはとても良いことだと思います。

眠る前などにリラックスできる音楽やクラシック音楽などを聴くことで効果が期待できます。

決して、本人が聴きたいと思っていない状態の時に、無理に周りが「これがいいみたいだから!」と勧めるのはいけません。

効果も期待できませんし、もしも好きだった音楽を聴けないと自分を責めてしまう状態にあると逆効果になりかねません。

このことからも、タイミングと本人が聴きたいと思う音楽の選曲をし、眠る前などに聴けることが良いと考えます。

「体と心をリラックスさせる」という目的で、音楽を取り入れ徐々に回復に向かうことが望ましいと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク