ユウユウ

こんにちは、ゆうです。

今回は双極性障害について書いていきたいと思います。

双極性障害って?

双極性障害、という病名を耳にしたことはありますか?双極性障害ではなく「躁うつ病」という病名なら耳にしたことがあるかと思います。

実は躁うつ病は、双極性障害のことをいいます。

双極性障害2型というのもあるけど、違いって何?

双極性障害には、1型と2型の2種類に分けられます。

大まかな違いとして、1型は躁状態が重い・強いのが顕著で、意気揚々として根拠のない自信に満ち溢れ非常にバイタリティ溢れている状態です。

眠らなくても行動力活動力が極端な為、第三者から見ても「明らかにおかしい」と解るくらい喋って動きまくったり、感情起伏が激しいのが特徴です。

それと比べ2型はそこまで極端な症状ではなく、行動力はあるものの他人から見て「おかしい」と思えるほど重度でない、軽い躁状態のことを示します。

[双極性障害]症状としては、どんな感じなの?

「双極性」という文字通り、躁状態(バイタリティ溢れてる状態)と、ある日突然真逆な うつ状態(何もかも興味がなくなる、気分障害が強くなる)の二面性が現れるのが主な症状です。

統計では、うつ状態からスタートするので「うつ病」と診断されるケースもあります。

[双極性障害]何が原因で発症するの?

原因については、現代医学でもまだ不明な点が多く、解明されていません。

ただ双極性障害になり易いタイプは、ある程度統計で判明しつつあるようです。

一例を挙げると主に社交的な性格で、誰にでも好かれ気配りができる方が突然発症したりするケースがあります。

要因としては遺伝的や環境的、性格的な要因が主として挙げられますが、生活リズムの乱れや過度のストレスがトリガーとなって起こる例もあります。

[双極性障害]2種類ある双極性障害の具体的な症状は?

双極性障害1型の症状としてわかりやすい例は、とにかくよく喋り、行動力が並外れていること。

また感情の起伏が激しいので、大笑いしてたかと思えば、突然激怒して根も葉もない言いがかりをつけ、暴言を吐いたり、現実性が全くないことを口にして行動します。

例えば「自分は芸能人と親しい間柄」とか、何もしていないのに「事業が大成功して大金持ちになった」など妄想(本人はそういう自覚です)で、極端な買物をして浪費が激しくなったりします。

周囲が注意しても、本人はそういう自覚の為、全く聞く耳を持たないのも特徴です。

そんな躁状態からうつ化に転じた時、躁状態の時にしたことを振り返り、うつ状態が一気に進行します。

周りから見て、食欲が極端に落ち、喋らなくなり、やたら泣きやすくなったり、眠れなくなったり、だるそうにしてたりします。

次に双極性障害2型の症状としては、暴言や妄想といった本人自覚症状少なく、1型と比べ軽いように見えますが行動力はあるので周りが気づきやすいポイントは、行動力で見分けがつくようです。

ただ行動力があるが故に衝動的な行動を突然起こすことがあり、一番怖いのが自傷や自殺リスクが非常に高いのが2型の大きな特徴です。

[双極性障害]どうやって見分けるの?

躁状態であることは見分けられるかと思いますが、1型か2型かの違いを見分けるには、専門医の診察・診断で決めます。

いずれにしても躁状態の時に本人に伝えても自覚が乏しい…というかほとんどありませんので、却って怒らせ後々尾を引く事態になりますので避けた方がいいでしょう。

特に避けたいのが躁状態で強制的に病院へ連れて行くことは、あまり好ましくありません。

少し躁状態からうつ化へ転じた時を見計らって、家族で一緒に病院へ受診するのがいいと言われています。

また通常うつ病の場合は心療内科などで診察を受けますが、双極性障害は精神科で受診することになります。

[双極性障害]受診・入院時に注意することは?

双極性障害で躁状態の時での行動を、ご家族の方が何かに控えておいてください。

可能な限り、日時・言動・行動を細かに控えておくのがベストです。

例えば妙なテンションで夜中歌っていたとか、同じことを何度も聞いてきたりなど、どんな些細なことでも構いません。

何分、本人は記憶があっても話す気力がを失っている時に受診させますので、ご家族からの情報提供と本人の状態が医師にとって大きな判断材料となります。

いずれにしても細かな情報と、本人が入院してからの行動を見て、医師が治療方針を決めていきます。

入院して当初、躁状態の場合は鎮静させることから始まりますし、うつ状態の場合は何に対して気が重くなっているのか?など言動や行動を観察して、しばらく様子を観ていきます。

そして可能な限り医師に面接に行っても大丈夫かを確認をして、病院に任せきりにしないで面会に行ってください

躁状態の行動で嫌気がさし、入院させたら病院に放置してしまう例が意外と多いのですが、本人がツラい状況下で家族が支えになってくれるかくれないかを覚えてたり、他の患者のご家族との面会と自分の置かれている状態を比較してしまうものです。

その時の記憶というのは本人の中で大きなしこりとなっていて、無事退院してから万一病気が再発した際に「あの時はよくも…」と ご家族に牙を向ける例も実際にあります。

入院期間はその人の症状次第で変わりますが、最短でも1ヶ月以上入院するパターンになるのが大半です。

理由は治療に使う薬について説明で詳しく書きますが、薬の効果が出ているかどうか見計らうのに最低でも3週間必要だからです。

入院し回復期に注意したいのは、本人の意志で退院を希望してきた場合、必ず医師の判断を受けて退院してもいいか確認してください。

いきなり退院という例は稀で、ほとんどが1泊や2泊帰宅といった感じで、徐々に日常生活に慣れさせてから退院するパターンが通常の流れです。



スポンサーリンク


双極性障害の悩みは?

周りの方々も大変かと思いますが、一番つらいのは本人なんだと理解してください。

1型の躁状態での妄想による理解しがたい行動や、浴びせてくる暴言など周囲の目は厳しい視線で判断してしまいますが、これは本人の意思ではなく病気による行動であるということを解っていただきたいのです。

なにより躁状態で起こした行動は、周囲に大きな迷惑や暴言によるトラブルを招きますが、結果として本人が周囲から奇異の目で見られることとなり、社会的信頼の失墜や場合によっては解雇など、今後人生を営む上で計り知れない社会的ダメージを受けた状態となります。

うつに転じた時に、自分のしたことの重大さに悔やみ自責の念にかられ、よりうつを深刻な状態にしてしまう負の連鎖でどんどん閉じこもっていってしまいます。

そして回復時に、躁状態での行動が問題視されることも少なくなく、社会的制約が大きく就職したくともできない、なかなか仕事に就けないなど様々な問題点が悩みとなってきます。

2型の場合は軽度の躁状態ですので、1型と比べても社会的ダメージは少ない方ですが、それでも「双極性障害」という病名が故に復職に時間を要してしまいます。

また回復し社会復帰となった場合、うつ化した場合は気分の落ち込みから薬を服薬しようとしますが、躁状態化した場合は「自分は治ってる。正常になった。」と勝手に自己判断してしまい、処方されてる薬の服用を止めてしまうリスクもあります。

双極性障害の治療は?

まずは精神科にて受診をし、入院して治療を始めることになるパターンが大半です。

基本的にはヒアリングによる診察から、現在起きている症状を診て薬による治療がメインとなるかと思います。

ただし薬の治療、と言っても風邪や頭痛といった服薬すればすぐ効果がでて快方に向かうワケではなく、その人その人に応じた薬の種類や量を徐々に見計らっていきます。

おもにサイクルとしては3週間サイクルで、3週間服薬して効果改善が見られなければ薬の種類を変えたり、増量または減量し少しづつ少しづつ調整していきます。

なぜ少しづつなのかといいますと、うつ病と同じく脳の伝達物質の異常分泌が要因のひとつと考えられており、一気に調整をしてしまうと うつ状態から一気に躁状態(躁転化といいます)になってしまう恐れがあるからです。

ですので、主治医の指示のもと 焦らずじっくり治療をしていくという流れになります。

[双極性障害]治療に使う薬は?

双極性障害1型の場合で、表的な治療薬は「リーマス」という名称の薬を服薬します。

この薬の優れているところは、躁状態でもうつ状態でも効果が得られるところにポイントがあります。

ただしこのリーマスは、炭酸リチウムが含まれている為、あまり服用してしまうと「リチウム中毒」になるリスクがあり、最悪中毒死してしまう可能性もあります。

無論、病院側もそのあたりは把握していますので、定期的にリチウムの血中濃度を調べ継続投薬するのか、他の薬にするのか主治医の判断で決めていきます。

また副作用として手の震えなどが、症状として現れる場合もあります。

双極性障害2型の場合で、代表的な治療薬は「ラミクタール」という名称の薬を服薬します。

このラミクタール、本来はてんかんの処方薬で、目的としては気分を安定させることです。

特に2型の場合は前述の通り衝動的行動を起こしやすいので、希死観念なかられて自殺したりするのを防ぎます。効果としては躁には効果がなく、うつに対して効果があります。

躁に効果がないとはいえ気分安定させるのが狙いなので、突発的行動を抑制する意味合いで使われてます。

鎮静力の高い向精神薬ですので、まさに2型には打ってつけなのでしょう。

この薬も副作用があり、服薬当初は大きな副作用は見受けられませんが、長期間服薬し続けると離脱作用(薬が切れた時に薬を求める依存性)が起き、やはり血中濃度が一定以上になると中毒を起こします。

その場合、類似効果のある薬に切り替え、徐々に離脱作用が消えていくのを待ちます。

[双極性障害]薬以外に治療方法はないの?

他に電気けいれん療法という治療方法もあります。

別名ECT(ETCじゃないですよ)という名称の治療方法で、簡潔にまとめますと「脳に微量の電気を数秒流す、電気ショック療法」です。

かなり大雑把なまとめ方をしましたが、もともと人間の身体は、脳から微量の電気信号が送られ動いていると言われています。

ですので電気を用いて治療するというのも、あながち間違っていないのかも知れません。

ただこの治療方針に関しては、推進派と否定派と医師によって判断や医療方針の価値観に相違があるようです。

今回この「電気けいれん療法」について触れましたので、概要を書きたいと思います。

まずこのECTは手術扱いとなりますので、保険適用されます。

時間はおおまかで30分程度ですが、実質電気をこめかみから脳に流す時間は数秒から長くても8秒と言われています。

当然手術扱いですので、医師から患者さんとそのご家族にもインフォームドコンセント、つまりどういうことをして副作用や最悪の事態などを事細かに説明をし、両者合意の上でないと行うことはできません。

[双極性障害]電気けいれん療法の副作用は?

脳に微量の電気を流しますので、術前術後の記憶がしばらく消えます。人によっては消えたままの例もあるようです。

また術後ある程度落ち着いてきたあたりから、2~3日頭痛がするという話もあります。

これは手術を受けた方によってマチマチなので一概にはまとめられませんが、そういう例があるということです。

[双極性障害]電気けいれん療法の効果は?

ECTを受けられた方で、大半の方は効果があると言われています。

早い方ではひどいうつ状態であったのが、1週間程度で健常者と変わらないレベルになったという例もあります。

この治療方法もまだまだ進化の途中なので、流す電気の方式を変えたりして、より人体に負荷がかからず治療ができるように研究が続いています。

ただしこの療法を取り入れている病院が、かなり限られているのが難点です。

[双極性障害]双極性障害の問題点は?

1型2型ともに、病気でありながら社会からの理解がなかなか得られにくいことが、大きな問題点であり課題です。

また双極性障害は、境界性パーソナリティや統合失調症など併病が発症する可能性もあり得る点です。

障害者雇用促進法が今年の4月に改正されていますが、実際はなかなか受け入れが厳しいのが現実であるのも、大きな問題点です。

もっと世の中に様々な障害者が働ける環境整備が進むことはもちろん、更なる医学の発展により、少しでも障害者の悩みが減ればいいと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク