まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみです。

今日は、ラミクタールについて書いてみようと思います。

私は32歳の専業主婦です。

主人はサラリーマンです。

1人子どもがいます。

今は天気が不安定なためか、気分がなかなか上がらず、うつ状態です。

家事も休みながらこなしています。

私の病名は双極性障害です。あまり躁状態にはなりません。

ほとんどうつ状態ですので双極性障害Ⅱ型と診断されています。

【ラミクタールについて】ラミクタールの効用

ラミクタールは気分安定薬です。

気分安定薬というのは、気分の高揚を抑えたり、気分の落ち込みを持ち上げたりといった、気分の波を抑える作用を持つお薬の事です。

気分安定薬にも、いくつか種類があり、気分の上がりを抑える作用(抗躁作用)に優れるもの、気分の落ち込みを持ち上げる作用(抗うつ作用)に優れるものなど、それぞれ特徴があります。

ラミクタールは急性期のうつ症状と予防効果が強く、うつ状態を繰り返しやすい双極性障害の治療に効果的な薬です。

リーマス(炭酸リチウム)との併用により、良い効果がえられるとの報告もあります。

ラミクタールは抗うつ効果が強いため、双極性障害のうつ効果に期待が出来るため、うつ状態では重宝されている薬です。

双極性障害のうつ状態の場合、抗うつ剤を使うと一定の効果はあると感じることは出来るようですが、気分を上げ過ぎてしまい、抗うつ剤が躁状態を作り出してしまうこともあるのです。

うつ状態を上げるために使った抗うつ剤のせいで、逆に躁転してしまうというのです。

気分安定薬の中でもうつ状態に効果のある気分安定薬は少なく、ラミクタールは双極性障害のうつ状態にある人にとっては有効な選択肢のひとつのようです。

双極性障害はテンションの高くなる躁状態に目を奪われがちですが、うつ状態の方が期間的に長いという人も多いのです。

私のように365日のうち360日はうつ状態だという人にとっては、このラミクタールというお薬はうつ状態の苦しみを大きく和らげてくれる可能性もあるお薬だと言えます。

また、再発予防効果がしっかりとしています。

特に、うつ状態が多い人の再発予防効果が期待できるようです。

比較的、安全性が高いのも特徴です。

副作用が少なく、妊娠への影響の少ない薬であるという点でも知られています。

【ラミクタールについて】ラミクタールの副作用

ラミクタールの副作用はほかの薬剤より少なく、妊婦さんでも比較的安全に使用できるようです。

しかし、ごくまれに重篤な皮膚障害があるので、少量からゆっくり増量していきます。

重篤な皮膚障害とは、広範囲にわたり赤くなり、やけどのような水ぶくれ、皮膚のはがれ・ただれが身体全体に広がるようなひどい皮膚症状の事です。

具体的には、皮膚の発疹、発熱(38度以上)、目の充血、くちびるや口の中があれたり、口内炎のようになる、のどの痛み、全身倦怠感、リンパ節が腫れるなどがあります。

風邪の初期症状と若干似ているところもあるので、風邪をひいてしまったと思った時でも念のために先生に報告する必要があります。

この皮膚障害は、薬を飲み始めて8週間以内に特に多いようですので、飲み初めは特に注意が必要です。

ラミクタールを飲み始めたばかりの人は、発疹などがないか自分でもよく観察したほうがいいでしょう。

皮膚障害の前兆としては、小さな発疹が出て、徐々に全身に広がっていきます。

小さな発疹でも注意深く、慎重に対応する必要があるでしょう。

ラミクタールは躁に対してはほとんど期待できない薬のようです。



スポンサーリンク


抗うつ効果と再発予防効果を期待して使われるお薬のようです。

副作用を避けるために、増量にとても時間がかかるので、効果がでるまでには時間がかかります。

ラミクタールの最大量まで上げようとすると、はやくても2カ月以上かかります。

私も少量から飲んでいましたが、3回目に飲んだ時に、両手の関節の部分に湿疹ができました。

足の甲のあたりにも出たので、薬疹だと思い先生に相談したら、すぐに中止になりました。

私のように大うつ病エピソードではリーマス、ラミクタール、他剤との組み合わせが最も推奨される治療だと聞きました。

ですが、発疹が出てしまったためにラミクタールを使えなくなったので、その時は大変ショックでした。

気分安定薬も何種類かありますので他のものに変更したと記憶しています。

私の場合、飲み初めに薬疹が出てしまったので、ラミクタールの効果はどのようなものかわかりませんでしたが、数週間から数カ月で増量していけば良い効果のある薬だということです。

前にも書いたように、少量から増量していかなければならない為に、効果が上がるまでに時間がかかるということは、つらい患者からしてみればじれったい気分になるとは思います。

あと、デパケンやテグレトールとの併用には注意が必要です。

デパケンではラミクタールの血中濃度が上昇してしまい、反対にテグレトールでは低下してしまうのだそうです。

だから、これらの薬と併用するときは飲み方を工夫する必要があります。

その他で多い副作用として、眠気、めまい、物が二重にぼやけて見える、頭痛、吐き気などです。

この症状はそれほど心配はないとは言われていますが、症状が強い場合には早めに受診して先生に言うべきでしょう。

飲む量を調節しなければならないからです。

【ラミクタールについて】ラミクタールの離脱症状

私は3回分しか飲まなかったので、もちろん離脱症状はありませんでした。

このラミクタールというお薬はあまり離脱症状はないと聞いたことはあります。

どの薬でもいえることですが、服用を中止するときや減薬、または増量するときは、患者はとても不安になるものです。

その不安から気分が落ち込んでしまったり、不調な身体症状がでることがあるのだと思います。

【ラミクタールについて】ラミクタールによるふらつきについて

ラミクタールを飲んでふらついたということはありませんでした。

ラミクタールを飲む前から、立ちくらみ、めまいの症状があったものですから特にこの薬のせいでふらつきが始まったとは思いませんでした。

人によってはもちろん、めまいがして、ふらつきがひどくトイレにも這っていくような症状が出ることもあると薬剤師の方から聞いていたので、注意は必要ですね。

【ラミクタールについて】ラミクタールによるアカシジア

アカシジアというのは、貧乏ゆすりが止まらなくなったり、なぜかじっとしていられなくなって、うろうろと目的もなく歩き回ったり、寝て休んでいたいと思っているのに、どうしてもじっとしていられない症状のことです。

なぜかじっとできないので部屋中を歩き回ったり、姿勢を頻繁にかえなければイライラする、足がもぞもぞしてじっと出来ないといったように、とてもとても辛い症状です。

アカシジアにより、不眠症になり精神状態も身体症状も悪化してしまうこともあります。

アカシジアは抗精神病薬をのんでいることで、このような症状がみられるようです。

アカシジアの自覚症状は、歩いたり、運動によって軽減されることが大きな特徴です。

ラミクタールでそのような症状になるのかということについては、あまり聞いたことはありません。

私自身、もっと別の薬でそのような症状になったことはありますが、ラミクタールではアカシジアにはなりませんでした。

ラミクタールは薬疹が出たということで、服薬が中止になりましたが、双極性障害のうつの辛い症状に期待の持てる薬ということですので、この症状のある方が飲んで少しでも楽になれればいいなと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク