まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみと申します。

今回は、セロクエルの副作用の眠気と太るということを中心に書いてみようと思います。

セロクエルというお薬を飲まれたことはありますか。

【セロクエルの副作用】セロクエルとは

セロクエルというお薬は、心を穏やかにする抗精神病薬です。

気持ちの高ぶりや不安感を鎮めるほか、動けなくなった心身の活動を改善する作用があります。

抗精神病薬というと、なんだか怖い気持ちになってしまいます。

しかし、先生の言われるとおりに自分に合った量を飲めば心配はありません。

抗精神病薬には非定型抗精神病薬と定型抗精神病薬があります。

セロクエルは、非定型抗精神病薬にあたります。

また、セロクエルとして服用している人もいますが、クエチアピンという名で服用している人もいると思います。

基本的に、セロクエルとクエチアピンは同じです。

セロクエルは統合失調症の人に処方される薬ですが、気持ちの高ぶりや不安感を鎮める作用もあるため、うつ病、双極性障害、不安障害の治療にも用いられます。

【セロクエルの副作用】セロクエル 副作用 眠気

セロクエルを飲み始めると、とても眠たくなります。

身体もだるくなるし、眠たいしで、飲み初めは、逆に調子が落ちてしまったんではないかという不安になります。

私は9年前から2年前までこのセロクエルをのんでいました。

2年前にいったん中止になり、また4か月前から飲み始めました。

以前に飲んだことのある薬だとはいえ、4か月前に久しぶりに飲んだ時は本当に眠たくなりました。

夕食後と寝る前に飲むのですが、夕食を食べて、お薬を飲んだらすぐに眠気が襲ってきます。

しかも、座って話をしようかという気になれないくらい、結構な眠気です。

あまりに眠たいので、部屋に戻って、横になっていたら、次に気づいたときには、もう寝る前の薬を飲む時間になっていました。

夜7時半ころに夕薬を飲んで、2時間弱ぐっすりと眠るのです。

なんだか、倦怠感もあるし、眠いからなのか、めまいもしているような気もします。

寝る前にこんなに寝てしまったら、夜寝れないのではないかと思われるかもしれませんが、寝る前の薬にもセロクエルが入っているからか、夜も眠れていました。

セロクエルというお薬は鎮静作用が優れているので、この作用のために眠たくなるようです。

あまりに眠たくなるので、薬剤師の人に、「眠たくなるんだけど、大丈夫かな?」と確認しました。

そしたら、薬剤師の人は、セロクエルは睡眠薬として使われることもあるくらいのお薬なので、眠たくなるのが普通ですよと言われました。

眠たくなるのが普通と言われても、何だか身体も重いし、ふらふらするし、調子が崩れたような気がして、セロクエルに対しての不信感がわきました。



スポンサーリンク


また、セロクエルで眠気が生じるのは抗ヒスタミン作用が原因だと考えられています。

花粉症やアレルギーの時にもらう薬に抗ヒスタミン薬というのがあります。

これらのお薬を飲むと眠たくなるということは、私でも知っていました。

セロクエルにもこの作用があるために、眠たくなるのだそうです。

【セロクエルの副作用】副作用 眠気への対処法

セロクエルを飲み始めたばかりの時は、かなりの人が眠気を感じるようです。

普通の眠気というよりは、日常生活に支障が出るほどの眠気といってもいいと思います。

薬剤師の人もおっしゃっていましたが、時間が経つと慣れてくるから、少し様子を見てくださいということでした。

慣れるまでは、ふらふら、倦怠感、眠気と調子を崩したようになりますが、1~2週間経つと、確かに副作用が軽くなってきたという風に感じることができました。

あんなに眠たかったのに、徐々に活動できるようになりました。

人によっては、眠気があまりにひどくて、いろんなことに支障が出ているのであれば、減薬するなどの対処が必要なこともあります。

最初だから、そんなにいっぱいいっぱいの量を出されているとは思いませんが、薬の効果というのは人それぞれ全て違うものですから、先生に相談した方がいいですね。

【セロクエルの副作用】副作用 幻覚

 

セロクエルをのむことで、起こる副作用として、幻覚もあるようです。

私は双極性障害ですので、幻覚も幻聴もありません。

入院したときに、統合失調症のひとには、幻覚や幻聴がかなりあるというふうに感じました。

統合失調症の症状の一つとしての幻覚や幻聴は、とても辛そうでした。

幻聴もそうですが、聞こえないはずの声が聞こえてくる。

見えないはずのものが見える。

しかも、それは知っているひとの声なのだそうです。

誰かも特定できるみたいです。

その声が、あれしろ、これしろと指図してきたりして、それに対して腹が立って、大声を出したり、怒鳴ったりするらしいのです。

面白いことを言われてる人は、ずっと笑っています。

大声を声の限り出したり、血圧が上がるんじゃないかと思うくらい急に怒鳴りちらしたり、笑いたくないのに笑ってしまう。

そんな事したくないという自分もいるから、幻聴や幻覚はその人をとても疲弊させます。

辛い症状です。

セロクエルを飲んだために、副作用として幻覚がある人もいるようです。

副作用としての幻覚があるとしても、もしかしたら、それは、統合失調症の症状が悪化してでてきたものかもしれません。

あまり、私はセロクエルで幻聴や幻覚の副作用が出たという人は記憶にないような気がします。

いずれにせよ、幻覚やら幻聴はほんとうにしんどい症状ですから、医者に相談して、増量したほうがいいのか減薬した方がいいのかをしっかりと考えるべきです。

勝手に薬を調節しないようにした方がいいと思います。

症状あるいは、副作用を悪化させる原因になるからです。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク