まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみと申します。

今回は、セロクエルの離脱症状について書いてみようと思います。

セロクエルというお薬は、心を穏やかにする抗精神病薬です。

気持ちの高ぶりや不安感を鎮めるほか、動けなくなった心身の活動を改善する作用があります。

プラスの作用もありますが、薬ですので、マイナスの作用もあります。

セロクエルの離脱症状

離脱症状とは、急な減薬や断薬をしたとき、お薬の血中濃度が急激に変化することで生じる様々な症状の事です。

精神科のお薬で、離脱症状を起こしやすいものには、抗うつ剤や抗不安薬があります。

セロクエルは抗精神病薬ですが、抗精神病薬はよほど無茶な減薬をしなければ、離脱症状は問題にはなりません。

でも、離脱症状を絶対に起こさないわけではありません。

どんなお薬でも、急激に減薬・断薬をすれば、離脱症状は起こってしまうことはあります。

セロクエルを減薬・断薬したら、どんな離脱症状が起こるのでしょうか。

たとえば、不眠になったり、気分がすぐれない、興奮してしまう、発汗などがあります。

身体的には、吐き気、食欲不振、下痢など胃腸系の症状が出ることがあります。

ある人は、顎が急に動き始め、舌で口の周りをくるくると舐めるという症状も、聞いたことがあります。

これが、離脱症状かどうかは、きわどいですが、自殺願望が出るという人もいます。

私的には、セロクエルという薬は、長期間のんで効果をみて、土台を支える薬というイメージなので、急に明日から飲みたくないという系の薬ではありません。

でも、副作用に太るというのがあって、体重がどんどん増えてしまう場合は、やはり、やめたいなと思う事もありました。

どんどん変わっていく体型とか、以前のズボンが入らなくなったとか、そんなのは絶対に嫌でしたから。

私も女性なので、この抑えられない食欲とか、満腹感のなさとか、お腹いっぱいなのに、まだ食べてしまうという現実。

たぶん効果があるんだろうなと思えるくらいのセロクエルという薬と何キロも増える体重とを天秤にかけることは、よくありました。

やめてダイエットでもしたいな、でも調子が崩れるのは困る。

あと、セロクエルはあなたにとって、とてもいい薬になるはずですよと、先生に言われたことがあります。

そんなことを言われたら、やめることはできないし、逆にやめるのが怖いと思いました。

すごく調子がいいわけではないけれど、普通の生活をするには困らない状態であれば、自分にとってセロクエルはあっているのかなという安心感もあります。

もし、急な断薬という状況があれば、ほかに何か理由があると思います。

副作用が辛くて、耐えられない状態の場合とかでしょうか。

セロクエルの離脱症状の期間



スポンサーリンク


飲んでいるお薬によって、離脱症状の期間は様々です。

数カ月から数年というものもあれば、数週間から1ヶ月くらいというものもあります。

この、セロクエルについては、だいたい1ヶ月くらいで治まるという場合が多いようです。

1ヶ月も?と思われる人もいるかもしれませんが、1ヶ月というのは、精神科系のお薬での離脱症状の期間としては、短いです。

離脱症状は出にくい薬と言われるのも、このようなことからだと思います。

セロクエルの離脱症状の頭痛

セロクエルの離脱症状の一つとして、頭痛はもちろんあります。

頭がしぼられるような、とにかく痛くて、痛すぎて、そのために吐いてしまうくらいです。

もともと、偏頭痛もちですが、どの薬の離脱症状にも頭痛はあると思います。

私は、双極性障害Ⅱ型です。

1日に何種類もの薬をのんでいます。

その中でも、抗不安薬あり、抗精神病薬あり、抗うつ薬あり、睡眠薬あり、漢方あり・・・です。

例えば、うつ状態があまり改善しないときは、抗うつ剤を変更します。

なしにするということは、ありません。

この薬を、別のくすりに変更してみて、様子を見る。

断薬というよりは、薬の変更、また変更という感じでずっときているので、離脱症状というのは、はっきりとは自覚はできませんでした。

離脱症状は、もちろん経験したことは何度かあります。

セロクエルを9年前から2年前まで飲んでいて、いったん休薬になって、4カ月まえからまた、飲み始めました。

今回、セロクエルを飲むことになったとき、先生はとりあえず、近い将来、やめる薬も飲んで、プラス、セロクエルも飲むという方法をとられました。

今まで、飲んでいた薬に、プラスα、セロクエルなので、もちろん身体がしんどくなったり、眠気が強く出たりしました。

調子が崩れたように感じたので、薬剤師の人に確認もしました。

薬剤師の方は、近い将来やめる薬と、今回はじめた薬とを今、一緒に飲んでいる状況だから、それは倦怠感やしんどさは出るとは思います。

薬が、効きすぎている状態ではないでしょうかと言われました。

ただ、この、かぶせた状態でしばらく身体を馴らして、セロクエルの効果が発揮しはじめてから、辞める薬を断薬したほうが、身体的には楽ですよと言われました。

結局、薬を断薬することで起きる、離脱症状を、プラスした薬でカバーするということなのでしょうか。

詳しくはわかりませんが、セロクエルだけにしたときには、前飲んでいた薬の離脱症状も出なかったので、辛くて苦しいという感じはありませんでした。

薬の、減薬、断薬については、絶対だと思うのですが、自分ひとりの考えでやってはいけないものです。

必ず、先生の指示に従ってやっていかなければならないと思います。

離脱症状ももちろんですが、勝手な断薬で、衝動的になる場合もあるわけですからね。

せっかく、病気の症状を少しでも軽くして、充実した日々を送るために、あえて飲む薬なのですから、上手に付き合っていきたいものです。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク