まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみと申します。

今回は、セロクエルとうつ病、双極性障害、統合失調症について書いてみようと思います。

【セロクエルについて】セロクエルとうつ病

セロクエルというお薬は、心を穏やかにする抗精神病薬です。

うつ病は、脳の中の情報伝達を担う神経伝達物質が減ってしまと起こります。

決して気持ちの問題ではないので、気力とか努力で解決はできません。

うつ病の症状としては、不安、悲しみ、焦り、やる気が出ない、起きれない、頭が回らないなど、まだまだたくさんあります。

また、身体症状として、不眠、食欲不振、むかつき、吐き気、下痢、めまい、耳鳴りなどがあります。

うつ病もしくは、うつ状態になれば、抗うつ薬というのを使うのが、一般的だと思われます。

三環系・四環系・SSRI・SNRI・NaSSAなどがあります。

抗精神病薬のセロクエルは、うつ病の人にも使われます。

セロクエルは、うつ状態を改善する効果や不安に対する効果もあるので、うつ病の人に使われます。

また、眠気が強い薬でもあるので、うつにより眠れていない人にとっては、睡眠もとれるようになるのです。

うつ病の人には、まずしっかりとした休養が必要なので、丁度いいのでしょう。

抗うつ剤と一緒に、セロクエルを飲むという人も、もちろんいらっしゃいます。

【セロクエルについて】セロクエルと双極性障害

私は、双極性障害Ⅱ型です。

基本的に、セロクエルは統合失調症の薬ということになっていますが、私はセロクエルを飲んでいます。

9年前から2年前まで飲んでいましたが、そこでいったん休薬して、また4カ月前から飲み始めました。

双極性障害というのは、躁状態とうつ状態を繰り返す病気です。

躁状態のひどい人がⅠ型、うつ状態が長い人をⅡ型と言います。

私は、双極性障害Ⅱ型です。

1年のうち300日はうつだというくらい、ほとんどうつ状態で、調子がいいなというくらいの状態は2カ月くらいしかありません。

この2カ月は、躁になるのではなく、少し無理出来る状態だったり、いつもより腰が軽く、物事を進められるなというくらいです。

でも、うつ状態がほとんどなので、この2カ月はとても幸せを感じます。

セロクエルという薬は、躁に対する効果はやや弱くて、鬱に対する効果は強い薬だそうです。

気分の波の激しい、双極性障害Ⅱ型としては、気分の波を小さくする作用のあるセロクエルは適しているのでしょう。

セロクエルを飲んでの効果を、自分でははっきり”あります”とは、言えません。



スポンサーリンク


気持ちの土台があるとすれば、その土台の底上げをセロクエルはしてくれているのかなという感じです。

また、長い目で見たときに、このときは調子がよかったんじゃない?というときには、このセロクエルを飲んでいるときということも言われました。

過去に戻ってみたら、セロクエルを飲んでいても、調子は良くなかったと思うこともありますが、先生的には、私にセロクエルはあっているそうです。

【セロクエルについて】セロクエルと統合失調症

セロクエルは基本的に、統合失調症のお薬です。

統合失調症は幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。

調子の悪い時は、人の話は耳に入らないくらい自分の世界に入り切ってしまいます。

話しかけても、うまく意思疎通が出来ません。

幻覚や妄想、幻聴により、独り言をずっといっていたり、うろうろと歩き回って急に笑い出したり、急に怒り出したりします。

でも、少しよくなってくると、自分の状況を説明してくれることもできるようになるし、笑って話すことも出来るようになります。

病気というのは、辛いものです。

統合失調症の特有の幻聴では、ある特定の人の声で、お前はバカだとか、あっちへ行けとか、指図などするようです。

実際に、実在する人からの命令なので、その指示に従うために、突拍子もないことをしてしまう場合もあり、かなり危険なこともあります。

今、先生がお菓子を食べなさいを言ったから、お菓子くれませんか?と真夜中に声をかけられたことがあります。

ある人が、私を捕らえようとしているから、自分を守るために、相手の人を殴ったということもありました。

妄想も、警察がいつも見張ってるとか、ストーカーに付け回されているとか、ある人から求婚されているとか、自分の両親は実は殺されて、今いるのは仮の姿の人なのだとか。

かなり、実際に起こりそうなことから、信じがたいものまであります。

セロクエルは鎮静作用がある薬なので、幻聴や妄想なのに、実際に衝動行動になってしまうような人には、効果があります。

セロクエルとは限らないと思いますが、抗精神病薬を飲むと、幻覚や妄想に無関心になれるということを聞いたことがあります。

楽になれるとか、リラックスできるとか、そんな効果があるようです。

セロクエルという薬が、うつ病なのか、双極性障害なのか、統合失調症なのか、どれに効いて、どんな人に効くのかはっきりとした答えはないと思います。

でも、実際に服用して、状態が改善したり、病気とも薬とも上手に付き合っている人もいます。

ですから、自暴自棄になったりしないで、何とかなるように、前向きな気持ちは持っていたいですね。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク