まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみと申します。

今回は、ソラナックスについて書いてみようと思います。

ソラナックスは抗不安薬です。

抗不安薬は不安感を和らげるお薬で、安定剤とか精神安定剤とも呼ばれています。

このソラナックスという薬には、どうも副作用による生理不順というものがあるのですが、逆に、生理前に鬱っぽくなったり、イライラする月経前症候群の治療薬としての役割があるようです。

抗不安薬というくらいなので、月経前症候群の治療薬としての役割もわかりますが、プラスとマイナスの部分を比較しながら、書いてみようと思います。

【ソラナックスの副作用】副作用による生理不順

ソラナックスは抗不安薬として、自律神経にはたらきかけ、安定させる抗不安作用があり、けいれんを抑えてくれる働があります。

女性は副作用として、生理不順になってしまうことがあるのです。

子宮は下垂体から分泌されるホルモンによって、定期的に生理がくるようになっていますが、ソラナックスの成分が女性ホルモンの分泌を抑えてしまうことがあります。

ホルモンの分泌がないと、子供を産む準備をする必要がないと判断し、子宮内の壁を新しいものにしないために生理になりません。

長期的に生理不順が続くと、子宮内の壁が厚くなったり、妊娠しにくい身体になってしまいます。

ソラナックスを飲んでいて、生理不順になった場合は、検査を受けるべきです。

精神的な不安により、生理が止まったりすることもあります。

ですから、薬の影響も考えて、調べてもらうと安心できると思います。

【ソラナックスの副作用】月経前症候群の治療としてのソラナックス

生理前になると誰でも、イライラしたり、食べ過ぎてしまったり、身体が重く感じたり、頭痛や腰痛がしたりという経験があると思います。

こんな、生理の3日前~2週間まえくらいから現れる、さまざまな不調を月経前症候群といいます。

生理が始まると、症状が軽くなり、やがて消えていくのですが、毎月やってくる不調なので、多くの女性が悩んでいます。

中には、生活に支障が出るほど症状が重かったり、周囲に理解されずに苦しんでいる人もいます。

月経前症候群と気づいてない人や、気づいてもどうしたらよいかわからず困っている人もいるみたいです。



スポンサーリンク


月経前症候群の症状は、イライラで神経質になる、気が短くなり、興奮しやすい。

涙もろくなるなど、感情的になったり、不安定になる。

集中力の低下、物忘れ、無気力、傾眠、不眠、抑うつ状態などがあります。

身体の症状としては、むくむ、体重増加、疲労感、眠気、頭痛、吐き気、動悸、めまい、貧血、ほてり、のぼせ。

腰痛、肩こり、関節痛、しびれ、便秘、下痢、口内炎、過食、拒食、肌荒れなどです。

人によっては重症の人もいれば、そんなに気にならない程度の人もいます。

重症の人にとっては、この症状をなんとか軽くしてくれるものがないかと願うのは当然だと思います。

月経前症候群の治療薬として、漢方があります。

その症状によって、さまざまな種類の漢方があるので、身体的なものから、精神的なものにも対応した漢方を服用します。

ほかにも、効果的なサプリメントを飲む、アロマテラピーや食事療法、運動療法、ハーブ療法などあるようです。

精神症状が強く、抑うつ状態などの重い症状がでて、生活に支障があるような場合に限っては、抗不安薬(ソラナックスなど)を使います。

ソラナックスは精神科や心療内科では、ストレスで不安感が強くなったり、気分の落ち込みが出てきたり、緊張が取れなくなった人に使われます。

ベンゾジアゼピン系のうち、抗不安作用が特に強いものが、ベンゾジアゼピン系抗不安薬になり、ソラナックスもその一つです。

月経前症候群の症状で起こる、精神的な部分において、ソラナックスは効果を表すのでしょう。

月経前症候群の改善に非常に高い効果が得られたという報告があるようです。

ただ、副作用のことも考えなければいけません。

現在では、SSRIという抗うつ薬が主に使われているようです。

SSRIはうつ病の治療だけではなく、パニック障害や強迫性障害など、不安障害の治療や、偏頭痛の予防、過食症の治療などにも使われる抗うつ薬です。

抗不安薬に比べて、副作用が少ないというメリットがあるからでしょう。

もちろん、SSRIにも副作用はあります。

症状があるときにだけ飲んでいたらいいのかという問題ですが、基本的に抗うつ薬等は効果が表れるのに2週間くらいかかると言われています。

ですから、症状が出てから飲み始めるのではなく、ずっと飲んでおいた方がいいようです。

精神科・心療内科で使われる、ソラナックスと、婦人科系で使われるソラナックスと、いろいろあることがわかりました。

どちらも、強い不安に対しての作用を期待して使うわけですが、でも、婦人科系の病気で精神科の薬を飲むことに対して、抵抗があるのではないかと考えます。

ただ、現代社会においては、ストレスにさらされた状態ですから、ほんの些細な心の動きにも、身体は反応するのでしょう。

精神科としての薬でも、あまりに辛い精神的な苦痛については、変な言い方ですが、怖がらないで使ってみるのも必要かもしれません。

もちろん、副作用という点もきちんと把握するべきですが。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク