まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみと申します。

今回は、ソラナックスについて書いてみようと思います。

ソラナックスは抗不安薬です。

抗不安薬は不安感を和らげるお薬で、安定剤とか精神安定剤とも呼ばれています。

ソラナックスはベンゾジアゼピン系の安定剤で不安感や緊張感を穏やかに和らげる作用があります。

不安感や緊張感が強いため失敗してしまうということが多くなります。

そうすると、苦手意識ができてしまって、ますます不安が強くなるという悪循環が続いてしまいます。

ソラナックスは、抗不安作用がしっかりとしているので、この悪循環をとめる効果が期待できます。

神経症やうつ病といった精神疾患に用いられるのはもちろんのこと、自律神経の乱れや精神的な要因で生じる心身症にも用いられます。

また、筋肉の緊張をほぐす作用もあるため、緊張型頭痛、頚椎症、腰痛、肩こりなどの症状にも処方されることが多いです。

ソラナックスの副作用で太るのか、といったことを心配される人もいるでしょう。

ソラナックスは太るのだろうか。

【ソラナックの副作用】ソラナックスで太るか?

ソラナックスを使用することで、太るといった副作用を心配されることがあるようですが、ソラナックスには太る原因になる成分は含まれていないため、太りません。

私も、頓服として現在、ソラナックスを飲んでいますが、特に太ると感じたことはありません。

ただ、私の場合、非定型抗精神病薬を飲んでいるので、そちらの方の薬によって、太るかなとか食欲が抑えられないといった症状が出ることがあります。

ソラナックスでは感じたことはありません。

ソラナックスを飲んで、不安感や緊張感から解放され、症状が和らいで、食欲が増した場合には太る人もいるようです。

精神的な回復によるものと考えて良いと思います。

これ以外で太ると考えられる理由は、調子が悪いために運動不足や基礎代謝の低下が考えられます。

どうしても、調子が悪い時は、横になって休んでいるし、そのために腸の動きも悪くなるでしょう。

便秘になったり、むくんだりの原因にもなっていると思います。

ソラナックスを飲んで太ったと感じる人は、まずは、生活習慣を見直すことが大切でしょう。

少ししんどいかもしれませんが、出来るだけ軽い運動でも心がけるといいと思います。

毎日、体重計にのって管理するのもいいかもしれませんね。

【ソラナックの副作用】ソラナックスと便秘



スポンサーリンク


体重増加には便秘が大敵のような気がします。

ですから、ソラナックスの副作用として便秘があるのかも、少し書きたいと思います。

ソラナックス自体には、太る成分はないので、この薬で太るといったことはないでしょう。

ですが、太ったり、痩せたりするのは、ストレスによってよくありますよね。

ストレスのため、ドカ食いをしてしまうとか、ビールを大量に飲んでしまうとか。

逆に、ストレスのため、神経が疲弊してしまって、不眠、食欲不振、憂鬱などから、どんどん痩せてしまったという人もいます。

抗不安薬の中には、副作用のため、便秘になることがあるようです。

抗不安薬などの精神病的な薬には、腸の運動を抑制する作用が強くあるものがあります。

腸の活動を抑えるために、便秘になりやすくなります。

強い薬だから、便秘になるとか、軽い薬だから便秘にはならないということは、関係ないようです。

人それぞれ、副作用の出方は違いますが、抗不安薬は、副作用として便秘がよく挙げられています。

便秘を放置すると、便秘症状による体調不良から、何日も便が出ないという精神的ストレス、胃腸機能の低下などからまた、便秘、体調不良と悪循環になってしまいます。

お腹が張って、何をするにもおっくうだし、気分は憂鬱だし、何とかしたいものです。

抗不安薬も何種類かあるので、もし、便秘がひどい場合には別の薬に変更もできます。

また、先生に相談して、便秘薬を別に処方してもらうのもいいと思います。

薬に薬を飲んで解決するのに抵抗がある場合は、浣腸するのもいいと思います。

どの薬にも言えることですが、副作用はつきものです。

とくに、精神科系の薬では便秘をはじめ、いろいろな副作用があります。

身体がしんどい時は別として、出来るだけ規則正しい生活を心がけることが大切だと思います。

朝、昼、晩ときちんと食事をして、バランスの取れた食事をする。

野菜を食べる。

根菜類を多めに摂ってみる。

適度な運動をする。

きちんと時間になったら寝る。

きちんとした食生活、運動、睡眠をすることで、腸の働きも良くなり、便秘の解消につながるでしょう。

一番は、辛い症状を改善するためには抗不安薬は飲まなければいけません。

便秘を気にしてせっかく効果のある薬を飲まないというのは、いい選択とは言えません。

まずは、辛い症状を緩和させることが身体には重要になります。

先生も必要のないお薬は、処方されないと思います。

先生が、ベンゾジアゼピン系を服用したほうがいいといわれるのであれば、お薬を使うメリットが必ずあるからです。

副作用などの、デメリットを考える前に、今、苦しんでいる状態から脱出したほうが、たくさんのメリットがあります。

効果をしっかりと実感しつつ、副作用ともうまく付き合っていければいいと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク