まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみと申します。

今回は、レスリンの副作用の悪夢について、書いてみようと思います。

レスリンとは

 

レスリンは、抗うつ剤です。

レスリンは抗うつ薬ですが、抗うつ効果は弱いため、レスリンのみでの、うつ病の薬物療法ということはほとんどないようです。

鎮静系抗うつ剤と言われており、眠りを深くする作用に優れ、睡眠薬があまり効かない患者さんなどに重宝されることがあります。

デジレルという抗うつ剤とは、製薬会社が違うだけで、成分はレスリンと全く同じお薬です。

レスリンの副作用

レスリンは抗うつ薬の中では、副作用が少ない方です。

副作用の症状としては、口の渇き、眠気、めまい、立ちくらみ、便秘などがあります。

他にも、手の震え、かすみ目、尿が出にくい、動悸なども、見られます。

症状が、軽ければ問題はありませんが、少しでも、違和感を感じたら、すぐに先生に相談してください。

レスリンの副作用 悪夢

レスリンを飲んで、副作用として悪夢をみることが、あるのでしょうか。

悪夢。

皆さん、悪夢を見たことありますか?

私は、結構、悪夢を見ます。

一晩に、1回の悪夢ではなく、悪夢のオムニバスを見ます。

ギャーって、夢の中で叫んで、はっと目が醒めて、また眠ると、また悪夢でうなされます。

現実的なものから、非現実なものまで、いろいろあります。



スポンサーリンク


夢の中では、ポジティブな感情より、ネガティブな感情を体験しやすいそうです。

人の夢は、心地よい物より、悪夢になりやすいのかもしれません。

悪夢の内容は、過去のストレスの強い出来事の再体験だったり、未解決の問題だったりします。

悪夢を見ると、とても次の朝、疲れています。

眠っていたのか、眠っていなかったのか、自分でもよくわからなくなります。

夢の内容が、リアルすぎて、調子が本当に崩れてしまうときもあります。

あまりに、悪夢を毎日見続けるので、看護師に聞いたことがあります。

そしたら、夢というのは、浅い眠りの時に見ることが、わかりました。

強めの抗精神病のせいで、眠りが浅くなっているのかもしれないとも、言われました。

先生に言って、眠りを深くしてもらう薬を出してもらうのもいいかもしれないとのことでした。

抗うつ剤で、悪夢から、解放される場合もあります。

レスリンはその抗うつ剤の1つのようです。

逆に、レスリンの副作用で、悪夢は見るのでしょうか。

レスリンで、悪夢を見るというのは、確か、聞いたことはあります。

レスリンは眠気の強いお薬です。

それを、利用して睡眠薬の補助的な役割で、飲んでる人もいます。

私は、かなり前から、寝る前の薬として、睡眠薬と一緒に、飲んでいます。

でも、レスリンの副作用として、悪夢を見ていると感じたり、考えたりしたことは一度もありません。

病気の症状と薬の効果と副作用の関係は、とても難しいです。

どちらか、区別がつかない場合も多いと思います。

何が原因なのか、わからないまま、飲み続けている場合もあると思います。

飲んでみて、早い段階から絶対に無理と感じるのであれば、もう変更したほうがいいと思います。

すぐに、効かない、効いていないと判断してくださいと言っているわけでは、決してありません。

身体と感情とか、直感みたいなものって、結構当たるような気がすると言いたいのです。

長い年数、色んな種類の薬と付き合っていれば、多少なりとも、副作用や離脱症状、薬が効き始めるまでのしんどい症状は、経験済みです。

どの薬が、一番合うのかなんて、本当に難しい問題です。

レスリンも副作用か効果か、見極める必要のある薬だと思います。

日常生活を、普通に過ごしたいという願いだけで、私たちは、薬と向き合っています。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク