まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみと申します。

今回は、レボトミンの注射・その副作用について書いてみようと思います。

【レボトミンの副作用】レボトミンとは

レボトミンは抗精神病薬です。

抗精神病薬には、古い第1世代と、比較的新しい第2世代があり、レボトミンは第1世代に属します。

基本的には、統合失調症のお薬です。

でも、ほかの精神疾患、躁病とか、うつ病のおける不安や緊張に対しても、使われています。

レボトミンは眠らせる作用の強さに定評があり、現在でも、不眠症状や興奮症状を中心に使われることがあります。

私は、双極性障害Ⅱ型ですが、頓服で1ヶ月に1~2回飲んでいます。

自分では、抑えられないイライラが起きたときに、飲んでいます。

私が飲んでいるのは、錠剤です。

レボトミンには、錠剤、散、細粒、注射があります。

錠剤がのみにくい場合でも、散や細粒があるので、助かります。

また、緊急性が高い場合には、注射をうつことがあります。

【レボトミンの副作用】レボトミンの注射

レボトミンは、通常は、錠剤で、決まった用法、用量で飲みますが、興奮状態のひどい人には、筋肉注射をする場合があります。



スポンサーリンク


私も、入院しているとき、同じ病棟の患者さんが、急に暴れだして、とても危険な状況だったので、看護師が取り押さえて、注射をしたという場面を見たことがあります。

興奮している人には、薬を飲ませることは不可能なので、レボトミンの筋肉注射は、重宝されています。

統合失調症の人だけではなく、躁状態のひどい人にも使われます。

レボトミンは即効性があります。

筋肉注射も、鎮静作用があるので、注射をされた人は、しばらくすると、眠たくなり、寝てしまいます。

筋肉注射なので、打たれた後は、とても痛いようでした。

【レボトミンの副作用】レボトミン注射の副作用

レボトミンの錠剤にも、副作用がある様に、注射の場合でも、副作用があります。

血小板減少性紫斑病(発熱、倦怠感、青あざができる)、過敏症状、光線過敏症、肝障害(全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる)などが、あります。

このような、症状に気づいたら、先生に必ず相談してください。

また、まれですが、発熱、手足の震え、めまい、動悸、鼻血、腹痛、嘔吐などは、副作用の初期症状かもしれないので、先生に早急に、相談してください。

何か、異常を感じたら、すぐに報告する必要があります。

効果の高い、即効性のある薬ですが、やはり、副作用もあります。

症状の悪化や、何かのきっかけで、衝動的、暴力的、凶暴性が出る場合があります。

そんな場合は、レボトミンを注射すれば落ち着く場合があります。

特に、怖がる必要もないと思いますので、どうしても調子が悪い場合は、頼ってもいいのかなと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク