まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみと申します。

今回は、レボトミンの副作用の太る・食欲について書いてみようと思います。

【レボトミンの副作用】レボトミンとは

レボトミンは抗精神病薬です。

抗精神病薬には、古い第1世代と、比較的新しい第2世代があり、レボトミンは第1世代に属します。

レボトミンは眠らせる作用の強さに定評があり、現在でも、不眠症状や興奮症状を中心に使われることがあります。

レボトミンとヒルナミンは同じ成分で、発売している製薬会社が違うだけです。

【レボトミンの副作用】レボトミンの副作用 太る・食欲

精神科のお薬は、どうしても太る薬が多いですが、抗精神病薬は、特に太りやすいお薬が多いです。

レボトミンも、体重増加が認められます。

だから、あらかじめ、太りやすい薬ということを、意識しておいた方がいいみたいです。

レボトミンは、食欲が増してしまって、太ってしまうようです。

食事をうまく、コントロールすれば、なんとかなるのですが、なかなかうまくはいきません。

食欲があるというのは、いいことだと感じるかもしれませんが、普通の食欲とは、少し違うように思います。

食べても、食べても、満腹感がありません。



スポンサーリンク


時間は関係なく、朝、起きてすぐだろうと、夜寝る前の遅くだろうと、食べたいをいう衝動に駆られると、食べずにはいられないのです。

いま、食事が終わったはずで、お腹はいっぱいなのに、まだ食べてしまう。

食事をしているか、間食をしているか、というくらい、いつも何かを食べている状況になることもあります。

それくらい、自分の意識を超えて、食欲が出てしまいます。

病気の症状が辛い時は、食欲が落ちて、体重が減っているいる人も多いかもしれませんが、レボトミンを飲み始めたら、急に体重が増え始めた、という人もいるはずです。

食欲があるという以上の、食欲がでてしまうのが、やはり、副作用だと思いますし、だんだん体重が増えることが苦痛になってきます。

男性の人も、辛いでしょうが、女性にとっては、とても深刻な問題になる場合があります。

若い人なら、スタイルを気にする人も多いと思います。

私なんかは、年齢とともに、代謝も落ちて、なおかつ運動する機会もなくなってきて、体型がどんどん変わってしまう自分が嫌になる時期です。

少し食べるのをセーブして、ウオーキングしたくらいでは、なかなか体重は減りません。

もちろん、きちんと自己管理できれば、それが一番いいのでしょうが、出来ないのが実態です。

できれば、していると思います。

食欲が抑えられずに、食べてしまい、太ってしまって、そのことが我慢できない人もいると思います。

でも、そんな時、勝手に薬をやめてはいけません。

先生に、しっかりと相談して、本当に太るということが、辛いことを言った方がいいと思います。

その辛さは、やはり経験した本人しかわからないのですから。

減薬や、薬の変更などの選択肢もあるので、相談してみましょう。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク