まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみと申します。

今回は、レボトミンの副作用の便秘について書いてみようと思います。

【レボトミンの副作用】レボトミンとは

レボトミンは抗精神病薬です。

抗精神病薬には、古い第1世代と、比較的新しい第2世代があり、レボトミンは第1世代に属します。

基本的には、統合失調症のお薬です。

でも、ほかの精神疾患、躁病とか、うつ病のおける不安や緊張に対しても、使われています。

レボトミンは眠らせる作用の強さに定評があり、現在でも、不眠症状や興奮症状を中心に使われることがあります。

私は、双極性障害Ⅱ型ですが、頓服で1ヶ月に1~2回飲んでいます。

自分では、抑えられないイライラが起きたときに、飲んでいます。

レボトミンとヒルナミンは同じ成分で、発売している製薬会社が違うだけです。

【レボトミンの副作用】レボトミンの副作用 便秘

レボトミンの副作用として、手足の震え、筋肉の硬直、アカシジア、ジスキネジアなどがあります。



スポンサーリンク


アカシジアとは、脚がむずむずとしてじっとしていられなくなる症状のことです。

ジスキネジアとは、手足が勝手に動いてしまう症状のことです。

あとは、眠気、ふらつき、口渇、便秘、太るなど、いろいろあります。

レボトミンは、副作用として、便秘があるようです。

あるというより、多いようです。

胃腸の動きが、抑えられるために、便秘になるようです。

口が渇いたり、尿が出にくくなったり、便秘になったりすることが多いです。

便秘になると、気分がふさぎ込んでしまいます。

身体が重たいような気がするし、お腹の当たりが気持ち悪いです。

お腹も張って、お腹がぎゅるぎゅるいうし、苦しいですよね。

そんな、症状が出た場合は、まずは先生に相談しましょう。

レボトミンを減量する場合もあるだあろうし、下剤や漢方を追加してくれるかもしれません。

また、ほかの抗精神病薬に変更になるかもしれません。

自分で、出来ることは、生活習慣の見直し、改善です。

出来る限り、運動を心がける、少しの時間でも体操などしてみるのもいいと思います。

繊維質のものを多く食べるとかも、やってみましょう。

ヨーグルトやバナナを食べるのも、いいかもしれません。

レボトミンを飲むと、満腹感がなくなり、以前よりたくさん食べてしまうこともあります。

沢山食べたら、その分、お通じとして出したいです。

お通じは、健康な体のバロメーターでもあるので、毎日あったほうが、気分も違います。

お薬の効果も大切なので、きちんと飲んで、また、副作用の便秘にも気を付けながら、上手に薬を付き合えればいいですね。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク