こちらでは、うつ病の方が精神障害者手帳を取得申請して、その後受けられる公的なサービスなどについて書いていきたいと思います。

うつ病・・・って障害者手帳をもらえるのは実はあまり知られていません。

私もこのこと知ったのは、うつ病になって10年以上も経ってからでした。

誰も教えてくれませんよね?

自立支援法については、クリニックによくポスターが貼られているので、たいていの方はわかるかもしれませんが、この障害者手帳については、医者やクリニックからは何も知らされません。

なぜかというと、クリクックにとってどうでもいいことだからです。

自立支援法では、1割負担ということで、金銭的で優遇されます。

そうすることで、患者がクリニックにかかりやすくなります。

1割負担だろうが3割負担だろうが、全額負担だろうが、正直クリニックからしてみればもらえる金額は一緒です。

でも患者のリピーター化には1割負担の方がいいですよね?

そういう意味もあり、クリニックにとってはメリットがあります。

しかし、精神障害者手帳は患者と公的機関との取り決めです。

公的機関が本来PRしなければいけないものなのですが、うつ病患者のことばかりPRはできません。

  • 乳がん検診
  • 子育て支援

その他いろんな助成をPRしていかなくてはいけないので。

ということで、広くこういった精神障害者手帳については認知されないのです。

それと、うつ病患者も、健常者と思っているので、自分が障害者手帳、しかも精神障害者という烙印を押されるのがかなり抵抗があります。

私も最初はそうでした。

しかし。

デメリットは99%ありません。

会社にもバレない。

道を歩いていても、だれにもバレない。

むしろ、この精神障害者手帳を提示すればいろんな公的資金や援助を受けられるので、水戸黄門の印籠のように提示しています。

このようなサービス。

ぜひ活用していきましょう!



スポンサーリンク


 

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク