チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

数年前まで精神科のお世話になっておりました。

メンタルクリニックや大きな病院の精神科など、心の疎通がなかなかできない私は精神科ジプシーになっていました。

最終的に落ち着く病院に行くまで3年かかりましたが、今ではそれなりに仕事もして社会復帰をしています。

最後の病院へたどり着くまでの病院は計4か所回りましたが、その全ての病院でデパスを処方されました。

私は不安感が強かったため、抗不安薬としても睡眠薬としても効果の高いデパスは必須だったのでしょうか。

パニック症状(過呼吸など)が出た場合も頓服薬として、デパスを服用していました。

それほどまでに効果の高いデパスですが、服用した方全てにではなくとも、【動悸】が現れるそうです。

私はデパスを服用したから動悸がおきたのか、パニック症状が治まらずに動悸が起きたのかはわかりません。

ですが、動悸が起きたことはありますので、詳しく調べてみました。

【うつ病】<デパスで動悸が起きやすい時とは>

o0220025411256610875

そもそも、デパスという薬は神経に作用する薬です。

主に、【不安感】【緊張】【焦燥】【抑うつ】などの症状を改善するものです。

その為、効果として高いリラックス感を得ることが出来ます。

では、動悸が副作用とは矛盾している効果があるのに何故、動悸が起きるのでしょう?



スポンサーリンク


デパスによって動悸が起きる原因ともいえるのが「離脱症状」からくるものです。

例えば、一時的に不安感を感じて1~2週間デパスを服用しやめたとします。

するとデパスによってリラックスしていた神経が再度興奮することがあり得るのです。

動悸が起きるということは、脈拍の乱れを意味します。

これは、身体に悪影響を及ぼしかねないので注意が必要です。

【うつ病】<デパスによる動悸を未然にふせぐ>

誰でも市販薬でない限り医師の処方により薬を服用します。

そして副作用は市販・調剤関係なく起こり得るものです。

特にデパスは動機に苦しむ人に処方される場合もありますので、副作用が動悸というのも理解しがたいと思います。

しかし、先ほども記述した通り、「離脱症状」で動悸が引き起こされる場合もあります。

その為、ご自身の健康状態の把握に努めることが大切です。

私もなぜ動悸が起きたのかと考えると、仕事も出来ず家族との折り合いも悪く病院へなかなか行けない時期がありました。

ですから、本当は止める時期ではないデパスを勝手に中断した結果、動悸が起きたと思われます。

本来は医師にデパスの服用を中止したい旨を話すと代替品となるものを教えてくれたり、生活リズムの整え方を教えてくれるそうです。

それは漢方薬であったり、用量の少ない薬だったりします。

今現在、デパスを服用中でやめたいとお考えの方は自己判断で中止せず医師の判断を仰ぐことが動悸を未然に防ぐ近道ではないかと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク