チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

家庭内ストレスからパニック障害となり、数年後うつ病と診断されました。

かれこれパニックは10年以上の病歴となります。

パニックが起こる理由として「強い不安感」がありました。

その不安感がさらに強くなり、一時は誰とも会えず、幻覚を見たりしました。

それまでは、普通の内科でパニック発作が起きると注射をしてもらったり薬をもらったりしていました。

そして、いよいよ精神科の門をたたき、「うつ病」と診断されてから5年間闘病しました。

その中で、処方された薬は15種類を超えます。

それは症状が安定するまでの間、色々と薬を変更したからです。

その変更した薬の中に【エビリファイ】という薬があります。

エビリファイは幻覚や妄想を抑え、やる気がない、興味が持てないという状態を緩和する薬です。

エビリファイの副作用とは?

illust327

エビリファイは穏やかに効くため、副作用が少なく安全性の高い薬とされています。

しかし、どんな薬にも副作用はつきものです。

もちろんエビリファイにも副作用はあります。

そもそもエビリファイは「統合失調症」のための治療薬として発売されました。

2006年に発売された薬なので抗精神病薬の中では比較的新しい部類(第二世代)に位置付けられます。



スポンサーリンク


「統合失調症」だけでなく「双極性障害」「うつ病」「パーソナリティ障害」にも使用されます。

エビリファイには逆とも思える副作用が分かっています。

逆というのは【不眠】と【過眠】や、【体重増加】と【体重減少】などです。

【エビリファイの副作用】なぜ不眠が起きるのか?

121031_nightmares_01

抗精神病薬の主な特徴として、気持ちを落ち着かせるリラックス効果により眠くなるというものがあります。

私もずっと不眠で悩んでいましたが、高いリラックス効果で眠気が起こったのを覚えています。

エビリファイにはドーパミンを部分的に刺激し、調節する作用があります。

普通の抗精神病薬はドーパミンを遮断します。

しかしドーパミンを遮断しすぎることにより他の副作用を引き起こす原因にもなりえます。

その為、エビリファイは適量にドーパミンを調節するのです。

しかし、その適量にドーパミンを刺激し調節する結果として【不眠】が起きることがあります。

部分刺激された結果により、ドーパミンのはたらきである覚醒度をあげてしまうことが【不眠】の理由となっています。

覚醒度が上がることが悪い作用なのでは?と思いがちですがそれは少し違います。

ドーパミン遮断により、ぼーっとして認知度が下がったり、過眠になることを防ぐ意味ではメリットです。

飲み始めに「不眠」の副作用が出る場合が多いので、医師と相談し服用を続けるか判断するべきだと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク