<パキシルの副作用による眠気>
としやです。私は30代の頃、重度の鬱を罹患しました。

その時の症状を交えた体験談と処方されたパキシルの副作用についてお話ししたいと思います。

<パキシルの処方および効能>

パキシルはうつ病に処方される代表的な薬です。

脳内に分泌されるセロトニンの減少を防ぐ役割を果たします。

私はうつ病と診断された初期の段階で処方されました。

効能についての実感をはっきりと感じることはできませんでした。

うつ病は気落ちした状態が当たり前のような毎日です。

ですので、薬を飲んだら気分が晴れやかになるというような即効性はありません。

もしかしたら悪化を防いでくれていたかもしれません。

<パキシルの副作用による猛烈な眠気>

パキシルの代表的な副作用は吐き気や眠気です。

私の場合眠気が顕著に現れました。

勤務中の昼休みの外食先でふいに猛烈な眠気に襲われ、気絶してしまったかのように寝入ってしまうということがありました。

帰宅の電車を終点まで眠ってしまうことも数度。

日中の眠気をコントロールするのには苦労しました。

<パキシルのその他の副作用>

パキシルのもうひとつの代表的な副作用である吐き気については、私はまったく感じませんでした。



スポンサーリンク


副作用には個人差があります。

私の場合、しゃっくりが止まらなくなる、慢性的な下痢、抜け毛などの明らかな副作用がありましたが、これはパキシルのみが直接関係しているかどうかはわかりません。

<パキシルの離脱症状>

パキシルの服用を止めると離脱症状と呼ばれる副作用が出ます。

不眠、吐き気、頭痛などがその例です。

私はうつ病の症状が出てから2年後ぐらいに双極性障害の診断を受けました。

この時点でパキシルの服用を止めることになりましたが、幸いなことに離脱症状に苦しむことはありませんでした。

この頃にはいろんな体の不調を抱えていたので、多少の副作用は感じなかったかもしれません。

以上が私がうつ病を患い、パキシルを服用したときの体験談です。

パキシルの副作用である眠気には苦しむ時期がありましたが、うつの症状が深刻になることはありませんでした。

ですので一定の効果があったと思います。

私は幸いうつ病を発症してから5年ほどで症状が好転しました。

薬の服用は主治医の指導の下、徐々に減らしていき、最終的にはなくしていきました。

自己判断で薬の量の増減をすると症状を悪化させる恐れがありますので、注意が必要です。

副作用はいろいろとあったものの、目に見えない効能を得ることもできました。

最終的に症状が好転してよかったと思っています。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク