チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。今回はうつ病診断のガイドラインについて書いていきたいと思います。

<うつ病の診断>

私は数年前まで精神科に通院していました。

約5年間「うつ病」「神経症」「パニック障害」と闘病しました。

初めは自分が心の病になるとは思っても居ませんでしたし、なっていることにも自分では気づきませんでした。

家族の勧めで精神科を受診するときも、不思議な気持ちと不安な気持ちで向かいました。

長い問診と家族との面談を医師にしてもらい、出た診断が「うつ状態」ということでした。

その後、症状が段々と悪化し、他の病院へ行きました。

すると今度は「神経症」と「パニック障害」と「うつ病」と診断されました。

症状が安定せず1年半ほど経過したので、大きな病院の精神科に通院しました。

そこでも診断も同じものでしたが「うつ病は治るから大丈夫」と言われ、少し安心したのを覚えています。

<うつ病のガイドラインとは?>

ll

では、そもそもうつ病とはどのようにして診断が決まるのでしょうか?

うつ病にはガイドラインという指針があり、それに基づき問診や検査をし、診断が出ます。

うつ病のガイドラインには主に次のようなものがあります。

(1)ほとんど毎日の抑うつ気分
(2)興味、喜びの著しい減退
(3)著しい体重減少、あるいは体重増加
(4)睡眠障害、(5)精神運動性の焦燥または制止
(6)易疲労性、気力の減退
(7)無価値感、不適切な罪責感
(8)思考力や集中力の減退
(9)自殺念慮、自殺企図



スポンサーリンク


このような状態が、2週間以上続くことが状態としての指針です。

そして、この状態によって苦痛や社会的苦痛が伴うことも挙げられます。

また、身体の疾患や薬物によるものではないこと、一時的な感情の変化によるものでないことがうつ病と診断される基準のガイドラインとなっています。

<うつ病のガイドラインに当てはまらなければうつ病ではないのか?>

illust327

上記で記したガイドラインはアメリカの精神医学会と世界保健機構の定めているものです。

現在最も広く用いられている診断基準と言えるでしょう。

しかし現代の世の中にはこの診断基準に当てはまらない、うつ病も増えてきていると言います。

私も自分で5年間もうつ病と言われていましたが、段々と甘えが出てきたり、仕事には向かえないのに遊びは出来るといった矛盾が生じたりしていました。

そんな自分に嫌気がさし、「うつ病とは違う」と落ち込んだりもしましたが、医師に「非低型うつ病」というものもあるから一概には言えないと言われました。

今この記事を読んでくださっている方の中にも、私のように考えている方もいらっしゃるかもしれません。

病名が全てではありません。

それによって、困難で辛い思いをしているという状態を脱する事が重要なのです。

諦めずに治療と向き合うことが大切であり、回復への近道だと考えています。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク