としやとしや

うつ病歴、約5年のとしやです。

私は過去、やる気が出ない、不眠、食欲不振による体重減少といううつ病の典型的な症状が出ていましたが、1年ほどは自力でなんとかやっていました。

頑張れども頑張れども、一向に症状は緩和されませんでした。

それどころか日を追うごとにどんどん悪化。

ついには出社すらできない程、体も心も参ってしまいました。

そして生まれて初めて行った診療内科で、最初に抗鬱剤として処方されたのがパキシルという薬です。

パキシルは利用者の多い有名な抗不安薬です。

私はそれを2年半ほど服用していましたので、その経験を綴りたいと思います。

<パキシルの副作用でイライラする?>

パキシルは抗うつ薬です。

うつ病の抑うつ状態を軽減し、気分を高揚させてくれるものです。

私はある時点で、うつ病が躁鬱(双極性障害)に移転してしまったので、途中で違う薬が処方されました。

ただ、服用している間、抑うつ状態がどんどん悪化するということは、なかったと思います。

その反面、副作用と思われる症状も多々ありました。

下痢の慢性化、自律神経の乱れなど、薬を服用するようになってから、明らかに健康状態の時にはなかった症状が出ました。

また、身体だけには留まらず、精神面にも影響がありました。

パキシルを飲むようになってから、恐らくその副作用として、ものすごく怒りっぽくなり、常時イライラするようになりました。



スポンサーリンク


私は生来温厚な人間だったので、自分的にもそのギャップには戸惑いました。

体調が悪くても、自分が我慢すればさして他人に迷惑をかけません。

しかし、こういう精神面の副作用は人に迷惑をかけてしまいます。

せっかく優しくしてくれる家族につらく当たったり、友人との席でも些細なことで腹が立ち関係が続かなくなったりということもありました。

<なぜ副作用でイライラする?>

うつ病といえば元気がないくせに、なぜイライラするという余計な感情が芽生えてしまったのでしょう?

自分でも調べてみましたが、それはセロトニンが関与しているようです。

パキシルは原理的にはセロトニンを増やすことによって、うつ状態を改善します。

しかし副作用としてこのセロトニンの増加によりイライラなど、神経系の不調が出てしまうことがあるようです。

私はその後、その副作用のイライラとの因果関係はわかりませんが、双極性障害に転じました。

その後、薬が変わっても感情のコントロールに苦労するようになって、ずいぶん大変な目に遭いました。

今、使用中で、こういった気持ちへの影響が心配な場合は、すぐに医師に相談するのがよいでしょう。

パキシルには「離脱症状」という副作用があります。

間違っても自己判断で薬の調整をしないように気を付けなければなりません。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク