チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は「うつ病」と約5年間闘病していました。

<うつ病と診断されるまで>

他にも「神経症」「パニック障害」などを併発し、精神科に通院していました。

完全な心の元気が取り戻せたかは、微妙なときもありますが、社会復帰しだいぶ心身ともに健康になりました。

私が診断を受けたのは個人病院の内科を併設している精神科でした。

初めは家族の勧めで精神科へ行きました。

不安もありましたが、自分が病気だとは思っておらず、ただパニック症状があるくらいに考えていました。

しかし、医師とのかなり長い時間の問診と家族との問診を経て「うつ病」と診断を受けました。

色々な出来事が重なり、仕事にも行けなくなり運転も出来なくなっていたので仕事も休職し、後に退職しました。

本当に辛く、毎日が生きるということが困難でした。

「うつ病」と診断を受けてからもしばらくは同じ状態かそれ以上に酷い状態になりました。

しかし、自分が心の病気だということを理解し始めてからは、段々と回復し医師とのカウンセリングもきちんと通うことができました。

<うつ病の診断方法とは?>

では、うつ病とはどのような診断基準をもってうつ病とされるのでしょうか?

落ち込みが激しければ?引きこもった状態になれば?というあいまいなものなのでしょうか。

それは、WHO(世界保健機関)の国際疾病分類である「ICD-10」と、米国精神医学会の「DSM-IV」の2つが主に使われています。

その中で、本人または家族への詳細な問診がベースになっているのです。

症状がいつから始まったのか、きっかけはあったのか、など様々なことを問診されます。

私は、挙動不審というか、医師との疎通がうまく出来ず、自分の心の状態を説明できませんでした。



スポンサーリンク


しかし、家族の問診で今までの経緯などを伝えてもらい、何度か通院していくうちに少しずつ説明できるようになりました。

<うつ病の血液検査の意味>

うつ病 診断 血液検査

うつ病の診断は問診だけではありません。

現在では【血液検査】でもうつ病を検査することが出来るようになりました。

まだ実施している医療機関は少ない方かと思われますが、確実に医療は進歩しています。

今まで、医師との疎通がうまくいかず悩んでいる方も、このような検査でうつ病の診断が下りる可能性もあります。

血液検査では、PEA(リン酸エタノールアミン)と呼ばれる血液内の物質の量がわかります。

うつ病の患者さんでは、このPEAが減少していることが多いことが分かっているのです。

これはとても画期的な検査です。

なぜなら、うつ病という心の病気は、胃潰瘍や骨折などとは違い、目に見えない疾患だからです。

ですから「うつ病が疑われる」とか「うつ状態である」というあいまいな診断になりがちの場合も多くあるのです。

誰にも理解されず、医師にもあいまいに診断されてしまうと、心の状態はさらに悪化の一途をたどってしまいます。

そんな中、この【目で見てわかる血液検査】によって、きちんとした判断を受けることが出来るのはとても良いことだと考えます。

もちろん問診で正しい判断をしてくださる医師もたくさんいます。

その補助的な役割として、この血液検査のような方法が早く世の中に浸透し、心の病が理解と回復に繋がればと思っています。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク