チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前まで「うつ病」で約5年間精神科に通院していました。

<うつ病と診断を受けた場合>

「うつ病」「神経症」「パニック障害」と診断を受けました。

しかし、転院などもした為か、どの病院でも必ず診断が同じとは限りませんでした。

きちんと診断名(病名)をおっしゃらない医師もいました。

過呼吸の発作を繰り返していたので、パニック障害であることは知っていました。

しかし、悲しい出来事、困難な局面が重なり私は、人を拒絶するようになりました。

毎日落ち込み、自分が嫌いで要らない存在でしかありませんでした。

そんな時に精神科に家族に勧められ行ったのがきっかけです。

その時は仕事をしていた為、休職しなければならず、診断書を書いてもらいました。

<診断書が必要な場面>

s

仕事をしている方は、休職する際などに診断書が必要だと思います。

その他にも、休職すると経済的に困難になるため、傷病手当という給付金をもらうためにも診断書は必要になります。

私の場合は1年6か月間、傷病手当をもらい生活していました。

毎月出す書類には必ず医師による、診断名と病状を記入する欄がありました。

仕事のストレスや過労、またはモラハラ・パワハラなど苦痛を会社により受けた方は退職する際も必要かと思います。

もしも労災の手続きをするのであれば、その際の「証拠」ともなり得るので、診断書をコピーしておくことが良いでしょう。

ちなみに、私の場合は労災などではないので、傷病手当のみの給付で、休職期間満了の退職となりました。

しかし、退職したからと言ってすぐに働ける状態ではありませんでした。

それよりも病状は悪化の一途をたどっており、転院をしたり、セカンドオピニオンを受けたりしました。

薬も種類が増えたり、変わったりであまり安定しているという状況ではありませんでした。

そんな時医師に、「自立支援医療の申請をしてはどうか?」と勧められました。



スポンサーリンク


自立支援医療とは、何らかの精神疾患(てんかんを含む)により、通院による治療を続ける必要がある程度の状態の方が対象となる制度です。

これを受けると精神科の通院費が普通の3割負担から1割負担に軽減されます。

薬の負担額も同様なので、この制度を利用し、私はとても助かりました。

<診断書のもらい方>

illust209

このように、精神疾患を患い、苦しい思いをしている人を助成する制度は沢山あります。

障がい者認定の場合もそうですが、必ず医師の診断書が必要になります。

では、すぐに医師は診断書を書いてくれるのでしょうか?

私の場合は、仕事が出来ない状態を医師が把握し、すぐに記入していただけましたが、全ての場合がそうとは限らないようです。

まずは、医師に自分の状態を正直に伝えることが大切です。

私は自分であまり自分の心の状態が分かっておらず、うまく説明できませんでした。

そういう方は家族などに付き添ってもらい、状態を説明してもらうのも良い方法かと考えます。

なにかきっかけがある場合はそれを伝えることも重要です。(環境の変化など)

それでも、きちんとした病名がつかない、様子をみましょうとしか言ってもらえない場合は、思い切って他の医師に診てもらうのも良いかもしれません。

異なる医師に診断を受けることで、診断書を記入してもらえる場合もあります。

もちろん、嘘や偽りのない素直な心の苦しみを伝えるという点は変わりません。

私も「うつ病」と診断されたり、「神経症」と書かれたり、「うつ状態」と言われたりしました。

どれが本当かと言えば、どれも本当なのだと思います。

ですから、診断をする医師によるのかもしれません。

病名が全てではありません、苦しんでいることから前向きに回復に向かうことが一番大切なことです。

前向きに向かうために、色々な助成を利用しながら進むには、「診断書」が必要不可欠なものになってくると思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク