チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前まで約5年間精神科に通院していました。

<うつ病と診断された場合>

d

今は社会復帰をし、初めはパートからでしたが今はフルタイムで働けています。

うつ病と診断される前はパニック症状が酷く、自分では「パニック障害」だと思っていました。

ですから、内科で軽い安定剤を発作時に服用する程度でした。

しかし、自分にとって辛く困難だと思う出来事が重なり、心の処理がうまく出来なくなりました。

ふさぎ込むようになり、落ち込んで毎日を過ごしていました。

今思うと悪い方にしか捉えられず、他者との関わりも絶ってしまっていました。

家族の勧めもあり精神科へ通うようになりましたが、落ち込みが激しい時期でうまく自分では説明できませんでした。

医師の問診・家族との問診(私は席をはずしていました)を経て「うつ病」「神経症」「パニック障害」と診断されました。

うつ病と一言で言っても【気分障害】という大きなくくりの中の病名で、うつ病の中にも種類があります。

【双極性障害】と【大うつ病性障害】の二つがあります。

これは、ずっと落ち込んだ状態なのか、うつと躁(そう)の両方が起こる状態なのかで分類されます。

まずは正しい診断を受け、適切な薬を処方されることが第一歩です。

<うつ病の診察に保険は使えるのか?>

 

うつ病の検査・診断には基本的に健康保険が使用できます。

そして、長い期間その状態にある場合には【自立支援医療制度】という制度を使用し、医療費の負担を減らすことも出来ます。

実際私も、休職を経て退職し、いよいよ通院するお金にも困っていた時にこの制度を医師に勧められ使用しました。



スポンサーリンク


その他にも、【精神障害者医療制度】という、いわゆる身体障害者と同じような制度もあります。

これは手続きなどもとても大変なので、医師の勧めがあり、協力的であれば申請してみるのも良いと考えます。

ただ、障碍者になると色々な不便もあることを忘れず、慎重に判断することが大切です。

<うつ病と生命保険>

うつ病 保険

私は10数年同じ生命保険会社に加入していました。

しかし、退職を機に負担を減らそうと思い、解約を考え保険会社に伝えたところ難色を示されました。

それは、解約することへの難色ももちろんですが、精神病を患うと生命保険に入りづらくなるというものでした。

それまで加入していた保険を解約し、例えば外資系の安価な生命保険の審査をしたとします。

服用している薬や、既往歴などで拒否されることが多いそうです。

私も数社の保険を扱う窓口で調べてもらいましたが、「病気でも入れる!」と記載されている保険でも服用している薬で加入は出来ませんでした。

そこで私は最低限の保障を残し、現在加入している保険を解約せずに保険料を下げる手続きをとりました。

もちろん、世の中には沢山の生命保険があります。

病気でも入れる!という保険以外にも、保障内容を少なくしたものや、既往してから5年後に健康であれば加入できるものもあります。

インターネット社会において色々な情報があり、不安に感じる方もいらっしゃると思います。

しかし、健康保険にしろ生命保険にしろ色々な方法があることを知り、周りの協力をあおいで進めていくことで自身の希望にもなりえます。

そして、それが心の元気を取り戻すきっかけにもなると考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク