チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前までうつ病と診断され精神科に約5年間ほど通院していました。

<うつ病と薬>

転院もしたせいか本当にたくさんの種類の精神科の薬を服用しました。

私は前職が薬の知識が必要な仕事だった為、薬については勉強もしていました。

しかし、自分には縁のないと思っていた種類の薬を自分が服用するとは思っていませんでした。

最初の症状はパニック症状でした。

その時は発作が強く出ましたので救急搬送されましたが、後日内科に行って安定剤を処方されました。

そして、発作が起きた時だけ服用していました。

そのあと、色々な心痛な出来事や困難な状況に遭い、頭痛や吐き気、不眠が起こるようになりました。

しかし、それでも自分が精神的な病だとは思っていませんでした。

ですから、内科で頭痛薬や軽い睡眠薬を処方してもらっていました。

精神科に行くきっかけになったのは、家族の勧めからでした。

対人恐怖症を併発しだし、家族とのコミュニケーションや外出もままならなくなったからでした。

<薬の種類と漢方薬>

「うつ病 漢方
私は、精神科に初めて行ったときとても気持ちが落ち込んだ状態で、不安が強かったのを覚えています。

ですから、初めに処方されたのは「抗うつ薬」「抗不安薬」「精神安定剤」「睡眠薬」「鎮痛薬」でした。

一概に、精神科の薬といっても、本当にたくさんの種類があります。

それは約5年間で12~15種類の薬を服用したからと、少しの薬の知識があるから分かったことです。

症状に合わせ、気持ちの落ち込みが激しい時、逆に精神が不安定でイライラしている時など処方はめまぐるしく変化しました。

先ほども述べたとおり、転院もしましたので、そこでもまた別の安定剤や抗うつ薬を処方されました。

大体、精神科の薬は分類されています。

その分類すべてを網羅したのではないか?と自分で服用しすぎて怖くなった時もありました。

しかし、怖くなるという事はそのくらい自分の状況を理解できているという事にもなります。



スポンサーリンク


その前は、自分がどれほどの薬を服用しているのか・・・なんて考えたことも、その余裕もありませんでした。

目の前の自分の辛い心と体の状態にしか目を向けられなくなっていたのです。

そして、自分の薬への依存や服用数の多さを理解し始めた頃に、医師と漢方薬の処方の相談をしました。

体力もとても落ちていたので、体質改善の意味も込めて漢方の服用を始めました。

<精神科にて利用される漢方薬>

精神科の漢方と言えば、芸能人の岡村隆史さんが服用していたことでネットで有名になりました。

しかし、漢方薬と言っても本当に種類がありますし、症状に合わせて内科や婦人科などでも処方されるものです。

ですから、この漢方薬はこれに効く!というよりは、この症状でこの体質ならばという理念で漢方薬は処方されます。

岡村さんが処方されたと言われるのが、「酸棗仁湯(サンソウニントウ)」という漢方薬です。

「酸棗仁湯

岡村さんは「漢方薬を煎じて飲んでいる」とテレビでも言っていました。

現在流通している主な漢方薬は顆粒タイプが多く、煎じなくてもそのままで服用できます。

本来の漢方薬は煎じて服用することで、その香りや味にも効果があるとされています。

その為、煎じて水筒に入れて持ち歩いていたのだと思われます。

東洋医学では、同じ症状でもその漢方の味の感じ方などの違いや体格、体質によって合う、合わないがあるとされます。

ですから、自分で調べて「これが合いそう」と服用しても効果が得られないことがありますので注意が必要です。

きちんと医師と相談し、自分の体調に合わせて漢方薬を処方してもらうことが大切です。

すぐに効果が出るものは少ないので、効果を得られるまでには時間が必要だとは思います。

私のように体質改善の目的で長期間服用する場合もあります。

長い目で、うつ病によって体力が消耗したり、疲れやすくなったり、不眠が続くなどの症状が緩和されれば、心の状態も前向きになるのではないかと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク