チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前までうつ病と診断を受け、精神科に通院していました。

通院期間は約5年間で、転院を何度かし、入院を勧められたこともありました。

現在は社会復帰をして無理のない程度の仕事をしています。

<うつ病の時の食事>

「うつ病 栄養

振り返って思い出そうとしても、なかなか当事者としては覚えてないことも多いです。

しかし、そんな私と直面してきた家族にとっては忘れられず、今なお私の体を気遣ってくれます。

当時の私の食生活は乱れに乱れていました。

対人恐怖症もあったためか、家族ともまともに対峙できずに、食事をあまり摂っていませんでした。

唯一食していたのはパンと水だけでした。

家族と食卓を囲むことは出来ず、夜中に買っておいてもらったパンがテーブルに上がっているので、それを持って自分の部屋にこもっていました。

家族は食生活のバランスを気にして、一緒におかずも置いてくれていましたが、それには手をつけませんでした。

なぜか、パンだけを食べて生活していました。

<偏った食事の栄養不足>

パンだけを食べて、水だけを飲んで生活して何か月かたった頃、体に異常が現れました。

最初は体力が落ちたなぁ、、、くらいにしか思っていませんでしたが、明らかに低血糖の症状でした。

以前、医療機関で働いたことがあるので低血糖の症状は、理解していました。

不安や緊張状態にないのに、手足が震えたり、変な汗をかいたりしました。

パンで糖質は摂っているものの、あまりに少なかったのかもしれません。

体重も12kg程落ちていました。



スポンサーリンク


低血糖とうつ病は別物と考えられていますが、摂取する栄養に偏りがあると低血糖になり得ると考えます。

<栄養と低血糖>

うつ病になると甘いものを欲しがる人がいます。

これは血糖値が下がっているために、本能として糖を欲しているのです。

血糖が低下してくると脳の活動が低下しうつ症状を酷くさせる可能性があります。

衝動的な行動にでるのは、アドレナリンやノルアドレナリンの過剰分泌によるものです。

これが引き金となり、うつ症状を悪化させることもあります。

さらに言えば、低血糖の状態が続くことで、うつ病を発症することもあるそうです。

「うつ病 栄養 低血糖

そうならないために、まずは1日3回の食事をきちんととることが、どれほど重要なのかわかる気がします。

私は、今は3食きちんと食べないと調子が悪くなったりするほど心身ともに健康状態が良くなっています。

しかし、うつ病の症状が酷い時は好きなものを好きなだけ、という偏り過ぎた食事をしていました。

家族も無理に制限しては、病状が悪化するのではないかと注意できなかったといいます。

しかし、医師に相談し、食べないと治らないし、体力も戻らないと聞き焦りを感じました。

不思議と3食食べれるときの方が、よく眠れていたような気もします。

食事の栄養と心は密接に関係しています。

ジャンクフードや甘いものばかりを食べて脳内の物質を偏らせることで、うつ病は悪化の一途をたどってしまいます。

うまく動けなくても、気持ちが落ち込んでいても、少しだけでも栄養のあるものを心がけることで病状は前向きに向かうと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク