チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は、パニック障害と神経症を患いしばらく通院していましたが、転院後「うつ病」と診断されました。

症状は約5年間に渡り続きました。

現在は、社会復帰をし無理のないように働いて生活しています。

<うつ病の症状>

私のうつ病の症状は、初めはパニック症状でした。

その為、普通の内科に行き安定剤を服用して、発作が起きた時には注射や点滴をしていました。

それが、段々と症状が酷くなり、対人恐怖や不安障害が酷くなり外に出れなくなりました。

見かねた家族が、精神科へ付き添ってくれるまでは自分がうつ病や神経症だとは思っても居ませんでした。

不眠や、何にも興味が起きず、寝てばかりいて食欲もなくなっていました。

落ち込むことが多く、一日のほとんどが頭痛が酷く、悲観的な考えばかりをしていました。

どうしたら前を向けるのかなんて、その時はわかりませんでした。

<うつ病と甘いもの>

そんなうつ病との戦いが2年ほど続いた後で、私は薬が変更になり、少し症状が変わりました。

良くなったという事とは、残念ながら違います。

落ち込んでやる気が出なかったのが、急に掃除を念入りにし始めたり、イライラすることが多くなりました。

食欲も凄く増進し、自分では気づかなかったのですが、普段食べないお菓子などを食べていたようです。

もちろん体重も増えました。

食事の趣味趣向が、変化するというのはうつ病にはあり得る症状だそうです。

特に甘いものへの依存が強くなる方も多いようです。

「うつ病 甘い

甘いものはタバコを吸う方が依存するのと同じで、甘いものを摂取したことで気持ちが落ち着いたりするのです。

酷くなると「糖中毒」になり、甘いものを過剰に摂取するようになります。



スポンサーリンク


甘いものを食べると脳内にセロトニンとドーパミンといううつ病になると減少する成分が増える働きがあります。

これは、一時的なものですが、この作用によってうつ病のイライラが治まったり不安感が治まるような気持ちになり、やめられなくなるのです。

<非定型うつ病に多い甘いものとの関係>

甘いものについつい手が伸びてしまうのは【非定型うつ病】といううつ病の種類にもよるそうです。

非定型うつ病の特徴は、落ち込んでいる時もあれば、楽しいことには行動的になり、「気分反応性」が強いことです。

また、「過食」や「過眠」など、普通のうつ病とは少し違った症状が現れるのが特徴です。

現在では医療業界だけでなく一般的にもだいぶ浸透してきましたが、少し前までは「ただの怠けている人」と思われ苦しんでいる方も多かったと思います。

「新型うつ」とも呼ばれる、この「非定型うつ病」ですが、この大きな特徴にも【糖中毒】があるのです。

【糖中毒】は、酷くなると大量にチョコレートを買い込んでしまったり、主食よりも甘いものを欲したりしてしまいます。

私がお菓子を夢中で食べていた時期も、薬の変更のせいなのか症状の変化なのかはわかりません。

甘いものだけではありませんでしたが、とにかく普段は食べないのに食べていました。

【糖中毒】を改善する方法は、糖を絶つことしかありません。

「うつ病 甘いもの

酷くなり、摂取量が多くなると「糖尿病」になりかねないので非常に危険です。

うつ病の症状への悪影響もあると考えられていますので、糖類を摂取し続けるのは良いことはありません。

しかし、普段の食事のご飯やパンも糖類ですので、完全に立つことは無理と言っていいでしょう。

症状に気付いたら、自分でも周りの方でも早目に医師に伝えることが大切です。

医師の判断をあおぎ、無理のないように少しずつ糖の制限をしていくことが必要だと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク