ユウユウ

こんにちは、ユウです。

今回は、ズバリ、「うつ病は治るのか?」ということを考えてみたいと思います。

むしろ、自分がうつだと分かった時は、どうしたら治るのかということばかり考えていました(笑)

【うつ病治る】そもそも治るとはどういうことか

ウイルス性の病気でしたら、ウイルスが体内からいなくなれば、治ったといえると思います。

しかし、うつ病に関してはどうでしょう??

ウイルスに感染して起こる病でもありません。

それゆえに、治るという表現は実は正しくないのです。

【うつ病治る】寛解

「気分爽快」の検索結果   Yahoo 検索(画像)

上の言葉は、「かんかい」と読みます。

寛解は緩解と書くこともあります。
意味は、『病気の症状が軽減、またはほぼ消滅すること』と一般には説明されます(各辞書により多少はことなりますが)。



スポンサーリンク


白血病や、リウマチなどにも、この寛解という言葉が使われます。

うつ病の場合も、同じく寛解です。
残念ながら、完治しない病気もこの世にはたくさんあるのです…。

私はうつの寛解に関しては早期に諦めて、一生のお付き合いと考えて生きています。

【うつ病治る】寛解するためには

うつ病の原因は人それぞれです。

これをすれば治る!ということは万人には当てはまらない訳です。

うつの症状が軽いうちは多少の気分転換で精神的には落ち着くと思います。

しかし、うつが進行して気分転換はおろか、何もできなくなってしまったら?

そう考えると、不安になりますね…恐ろしさしかありません。
ですから、まずは、一人で抱え込まないということが大事だと思います。

カウンセラーでも、家族でも、友人でも、誰か一人には自分の状態を知ってもらいましょう。
それから、自分ではどうにもできない精神状態になってしまったときは、病院に行きましょう。

私の場合は、ストレスから不眠と胃痛も起きていたので、薬を処方してもらいました。

薬の依存についてもいつかお話したいですが、今回はご容赦ください…。

薬を飲むことに抵抗がある方もいるとは思いますが、まずは、自分が死なないようにすることを優先してください。

そのためには時として薬を服用することも必要なのです。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク