ユウユウ

こんにちは、ユウです。

この記事を書きながら、初めて受診したクリニックで大泣きしたことを思い出しました。

今となっては、穴があったら入りたい過去ですが、ここに書き連ねてみたいと思います。

【うつ病の症状】大人だって泣きたい

「泣く女」

私は、人生で何回か転居し、それに伴い病院も転々としているのですが、大泣きしたのは大学生の時に初めて行ったクリニックの時だけです。

今では笑い話になるのですが、当時失恋して、少し落ち込んでいたのです。

なぜか、そこから芋づる式に自分はダメな人間だ、いないほうがいい、消えてしまいたいというネガティブな考えに陥ってしまい、何週間か大学を休んで引きこもり生活をしていました。

ゼミの教授の再三にわたる連絡に加え、自宅へ迎えに来た友人とともにクリニックへ強制連行されました。

【うつ病の症状】初めて行った病院の光景

予約もなしで飛び込んだクリニックでしたので、かなり待ちました。

そして、待合室で待っている間、周囲の人はお通夜状態。

みんな下を向いて押し黙っているのです。

私と同伴の友人も思わず黙って待ちます。

そうしているうちに「どうして友人を巻き込んでこんなところにいるのだろうか」と鼻の奥がツンと痛みました。

今でも覚えているのは、待合室に入ってきた制服姿の女子高校生が終始涙を流していたことです。



スポンサーリンク


「泣く女

彼女は泣きながら診察室に入り、出てきた後も泣きながら帰って行きました。

付き添いの母親らしき女性が処方箋を受け取っていたので、私と同じようにうつ病だったのでしょうか…今でも謎です。

さて、私の名前が呼ばれました。

友人は待合室に留まりました。

 

【うつ病の症状】泣くことはストレス発散であり、周囲へのSOS

医師は優しそうな若い男性でした。

若いといっても、40代くらいでしょうか、おじいさん先生を想像していた私にはとにかく衝撃でした。

「今日はどうしましたか?」

もう、その一言だけで涙が出てきてしまいました、なぜだか。

私が泣いている間、先生はひたすら黙って待ってくれました。

落ち着いてから、私は失恋したこと、そこからネガティブ思考の悪循環に陥っていることを何とか説明しました。

たかが失恋で、と思われるかもしれませんが、学生だった私にとっては大変重要なことで「この人と別れるくらいなら死ぬ!」という信念がありました。

あの時の固執もある意味心の病気だったのでしょう。
さて、私の良く分からない状況説明のあと、先生が口を開きました「なかなか人に言いづらいことを言ってくれてありがとうね」

涙は、ストレスの現れで、周囲にSOSを発しているのと同じだよと笑顔で先生は言ってくれました。

医師は薬を出すだけではなく、こんなにも優しいのだと安心して泣いてしまったのも、今では良い思い出です。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク