としやとしや

通算6年のうつ病歴があるとしやと言います。

その頃、服用していたパキシルのことについて述べたいと思います。

パキシルは抗うつ薬です。

精神疾患系の患者に処方される薬としてはメジャーなのではないでしょうか。

パキシルは比較的副作用が少ないとされています。

しかし、その副作用の種類に関しては多岐に渡ります。

吐き気や倦怠感、イライラ、体感幻覚などがよく言われます。

今回は、パキシルの副作用で太るかということを、私の経験を通じてお話しします。

そもそも、私はパキシルの服用を開始した時、うつ症状による食欲減退でかなり痩せていました。

体重の増減だけの話をすると約2年ほどの服用期間中に10キロほど増えました。

<パキシルはなぜ太る>

以上の経験から言うと、パキシルの副作用かどうかはとにかくとして、太るという結果に間違いありませんでした。

なぜ太ったかを自分なりに検証してみます。

まず、抑うつ状態が良化によって食欲が戻りました。

そして、寝たきりの期間などもあり、極度の運動不足でした。



スポンサーリンク


また、うつ病によって体の代謝もかなり悪い状態だと思われます。

食べる量が増えて、それを消費していないので、太るのは当然の結果と言えるでしょう。

ですので、パキシルの副作用で太るということではないような気がします。

寧ろ、良くなったから太ったのかなというのが私の体感です。

<ではパキシルを飲んでも太らないか>

私も体重増加が気になっていろいろ調べたりしました。

パキシルを服用して太った人はたくさんおられるようです。

私と同じく食欲が戻ったというケースも多いみたいです。

ただ、一方で薬を変更したら体重増加は止まった。

という人もいるみたいです。

気分がよくなって、加体重の副作用もなければ一石二鳥。

あまりにも太るようでしたら、主治医に相談の上、薬を変更してもらうのもよいかもしれません。

太りすぎはよくありませんが、食べれない状態は本当に辛いです。

なので、個人的には多少太るぐらいであれば、副作用というほどでもないのかなと思います。

以上、パキシルの副作用で太るかの体験でした。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク