チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私はうつ病と診断を受けてから約5年間、精神科に通院していました。

<うつ病の夫がいた場合>

私はその当時、正社員としてバリバリと働いており、生活費にも苦労はありませんでした。

しかし、うつ病と診断される少し前から仕事に行けなくなり、休職させてもらいました。

その後、転居し、環境を変えながら治療をしていましたが、結局は退職しました。

今となっては、社会復帰をし、無理をしないように元気に過ごしています。

ですが、ふと「これが夫だったらどうなっていただろう?」と不安がよぎるときがあります。

結局離婚という形を取りましたが、私には長年連れ添っていた夫がいました。

どうしても環境になじめずに長年過ごしていた為、うつ病になってしまい転居をしました。

それを機にと言えば変ですが、そちらの事情もあり、離婚ということになりました。

「離婚

その時に元夫は私に「自分も君と生活をしていくと、うつ病になり得るかもしれない」と言われました。

うつ病が人に与える影響が大きいものだと、その時は理解しましたが、これが夫がうつ病になっていたらどうなっていたのかと思います。

<夫がうつ病の場合>

妻がうつ病の場合は、生活の影響は家事の分野が大きくなると考えます。

料理・洗濯・掃除・子供の世話などが、妻が役割を占めることが多いからです。

反対に、夫がうつ病の場合はどうでしょうか?

まず考えられるのは【生活費】の問題です。

これは、妻がどのくらい働いているかということにもよると思います。

もしも妻が正社員で働いている場合、夫は治療に専念できる環境にあるかもしれません。

しかし、パートや専業主婦の場合は、生活費は夫が稼いでくれない限りは、とても深刻な問題になります。

一軒家を立てたばかりでローンが残っている方、車を購入したばかりの方など、ケースは様々だと思います。

「ローン 家



スポンサーリンク


子育てにもお金がかかります。

私も経験しましたが、子供が中学校・高校となるにつれ、かかるお金も大きくなっていきます。

うつ病という病は、自分でなろうと思ってなる人はいません。

そして、治療も長くかかる場合のある病気のひとつです。

ですから、夫は「自分が生活費をねん出できない」という自責の念にかられて病状が悪化する場合もあります。

<生活費の問題の対処法>

夫が自責の念にかられ、自分がうつ病になったことを申し訳ないという気持ちをもっていては進む治療も進みません。

では、そんな時はどうしたら良いのでしょうか?

一人で家にいることも不安な状態であれば、夫を置いて妻がフルタイムで働くことも難しいと考えます。

そういう時は、社会保険に加入している夫であれば【傷病手当金】という制度を利用することが方法のひとつです。

傷病手当金は給料の6割が、1年6か月間継続して、給付を受けることが出来ます。

給付を受けるためには、会社に提出するための書類に精神科医より病状の記入をしてもらう必要があります。

それは、毎月提出するもので、受診の際に記入してもらい、会社に提出することで毎月給付を受けることが出来ます。

うつ病と診断を受けて、しばらくの間は生活がままならないことも多々あると思います。

周りの家族が、うつ病の患者と接するだけでも大変ですが、生活費の問題が出てくると本当に大変です。

その為、傷病手当金の給付を受けながら、その後の生活基盤をどうするかを考えていくことが大切だと考えます。

1年6か月間、傷病手当金の給付を受けられるとしても、そのあとすぐに夫が社会復帰できるとは限りません。

その後は、妻が生活を支えるために働くことを考えたり、周りの人の協力をあおぐなど、考えることが必要です。

いわば、給付を受けている期間に今後の生活について考えなければいけないということです。

妻や家族にとっては、考えることが多く、負担も多いと思います。

私も離婚後、一人で子育てをしながら生活を立て直すまでにとても苦労しました。

ただ、病気になった本人は、わがままを言ったり、無理を言ったりするかもしれませんが、苦しい状況にあることを理解してほしいと思います。

そして、徐々に働く意欲が出てくる場合もありますので、長い目で支えあっていければ良いのではないかと考えます。

色々な国や自治体の制度を利用しながら、家族みんなが負担の少ないようにしていくことが重要だと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク