こんにちは、チェルシーです。

私は数年前までうつ病を患い、5年ほど精神科に通院していました。

<うつ病と周りの人について>

自分では変化には気付かず、病気という自覚もありませんでした。

そして家族が変化に気付いて心配してくれ、病院へ付き添ってくれました。

家族も私がうつ病という診断を受け、ショックを感じたそうです。

本人である私は、その時は自分の辛い症状にだけ意識が集中し、周りの人間の辛さや苦しさに気付きませんでした。

対人恐怖もあり、心を閉ざしてしまっていた私にとって家族との距離は遠く離れてしまっていました。

食事も食欲がないため一緒には食卓を囲めない、会話もない、必要なものがあればメモを置く。

そんな引きこもりのような状態のくせに、夜中にフラッと出かけたりする・・・。

「夜道

家族は心配で私が帰宅するまで眠れなかったといいます。

それでも更に症状が悪化した私は、人と関わりを持ちたくない為一人暮らしをしました。

短期間でしたが、相当周りの人たちに迷惑と心配をかけたと今となっては思います。

<うつ病はうつる?>

うつ病は風邪などの感染症ではないので、「うつる」ということは理論的にありません。

しかし、一番身近にいてうつ病の人と暮らしたり、接したりしている人がうつ病を発症することがあります。

例えば、夫婦の片方がうつ病になり付き添って面倒を見ているうちに、もう一人もうつ病になるというケースは多いです。

「夫婦 うつ病」

夫婦だけでなく、親子関係でも、恋人関係でも身近な人であればその可能性は大いにあると思います。

うつ病だけでなく普段の生活でも、身近にネガティブな考えの人がいて毎日その考えを聞いていると、その考えが自分にも浸透することがあります。

それが、うつ病だと家族間であればもともとの考え方の類似や、親近感情、共感がよりそうなると考えます。

では、うつ病の人と近くにいる場合は、周りの人はどう接すればよいのでしょうか。



スポンサーリンク


私の家族は、「頑張れというな、好きなことをさせるように」とちょっと昔ながらの医師に言われたそうです。

それを頑なに守ってくれましたが、私の症状は悪化の一途をたどりました。

どんなことが正しいのか?という議論は尽きないと考えます。

それは、一人一人うつ病の症状や考え方や環境が違うからです。

しかし、「うつる」という辛い連鎖を引き起こさないコツのようなものはあるようです。

<うつ病がうつらないコツのまとめ>

まずは、【感情移入をしすぎないこと】です。

家族がうつ病で辛い思いをしていることを、「かわいそう」とか「辛いだろうに」と考えすぎないことです。

そして、家族や周りの人が【付き合いすぎないこと】です。

付き合うというのは、生活リズムに付き合い過ぎてもいけないですし、周りの人も気分転換をすることです。

買い物に出かけたり、遊びに行ったり、普段通りとまではいかないかもしれないかもしれません。

しかし、家族自身がリズムを崩してまでうつ病患者本人に付き添っていては気が滅入ってしまいます。

うつ病の人に前向きな事を言っても「どうせそうはいかない」「今はそんなこと考えられない」などという答えが返ってくるかもしれません。

そうなると、周りの人もそんな考えに引きずられる場合があります。

そうならないように、適度に気分転換をすることが大切だと考えます。

私の家族も、適度に出かけたり買い物をしたりしていました。

もしも目が離せないような状況で、うつ病の人と家にずっといなければいけない人は植物の世話などもお勧めです。

「植物 世話」

生産的な活動は、やる気も起きますし気持ちも華やぎます。

すぐに枯れてしまう花ではなく、長く成長を楽しめるものをお勧めします。

それでも、家族や周りの人が気持ちが落ち込んでしまった場合は、無理をしないことが一番です。

うつ病の人と、精神科に行く際に一緒に軽い安定剤をもらってみることも大切です。

「自分がしっかりしなければ!」と気負いすぎては、いけません。

見守ること、側にいること、寄り添うこと、それだけでうつ病の人は癒されているのだと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク