チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前まで、うつ病と診断を受け精神科に約5年間通院していました。

<うつ病の完治>

もはや、精神科に行っていたのは過去のことになりましたが、今もまだ不安定なときがあります。

精神科の医師は、

「完治というのは、なかなか難しいけれど、あなたはだいぶ断薬も出来たので今度調子が悪くなったら来てください」

と言いました。

その時は「次に調子が悪くなるとはどういうことだろう?」と思っていました。

そのくらい自分では、薬に依存せずに調子が良くなり、前向きになっていたのです。

しかし、医師はそのあとこう続けました。

「あなたは今、坂道を転がる石のように勢いがついて順調に回復に向かっている、しかし石が止まってしまう時もある」

この言葉は今でも忘れられません。

「坂道」

なぜなら、私はその後何度もうつ病を再発しかけ、病院へ一時的に通った経験があるからです。

<うつ病の再発>

うつ病はきちんと治療をすれば必ず完治する病気です。

しかし、再発もしやすいと言われ、治ったからと言っても油断をせずにこのことを頭に入れて生活することが大切です。

私の場合は、前向きになれた!薬がなくなった!普通の人と同じだ!という喜びばかりが先に立っていました。

周りの人も「治って良かったね」と言葉をかけてくれ、素直に受け入れていました。

しかし、些細なきっかけや不安な出来事で、何度も精神科に数週間ではありますが、通いました。

うつ病は自分自身で治ったと判断するのは大変危険です。

なぜなら、【回復期】と呼ばれる回復へと向かっている時期に勝手に服用していた薬をやめてしまったりするからです。

「回復期 うつ」

回復したとなっても、抗うつ剤はしばらく服用しないといけません。



スポンサーリンク


そして徐々に減薬しながら、最終的に断薬となるので段階を踏まなければならないのです。

そうしたことをきちんとしていないと、本当に些細なことで再発をしてしまうのです。

また、どんな時に再発するか分からない為、ある程度の期間、回復していても薬を処方されることがあります。

これを、自己判断でやめてしまうと【再発予防】の為の薬が中断され、再発の危険性が高まります。

<再発のきっかけとなり得るもの>

では、どのようなときにうつ病を経験した人は再発するのでしょうか?

それは、うつ病になるきっかけと似ていて「親しい人との別れや環境の変化」などが挙げられます。

そして、多いのが完治したと無理をしすぎて疲労が蓄積され、再発を起こすケースです。

私は、回復した時にすぐに仕事をしました。

しかし、うまくいかずにアルバイトから徐々にやっていくことにしました。

そしてその後、段々と勤務時間を増やし、短期間で正社員として新しい会社に入社しました。

ところが、その時に人間関係で心無いことを平然という人に出会いました。

「職場 いやみ」

もとから明るく誰とでも親しくなれる性格だったので、自分を取り戻せていると過信した私は一生懸命頑張りました。

仕事も、人間関係も家のことも頑張りました。

そしてある時から過呼吸の発作が、うつ病になった時と同じくらい酷くなり、頻度も多くなりました。

精神科には二度とお世話になりたくないと願っていたのですが、結局不眠や頭痛が続き、医師に相談しに行きました。

一時的なものということで薬を処方され、仕事を休むよう勧められました。

結局その仕事を退社し、今は自分のことを理解し、無理のないように仕事をしています。

再発を防ぐ大きな方法のひとつが自分自身を理解することだと思います。

そして、無理をしすぎないことも必要です。

この二つが再発を防ぐ大きな方法だと私は考えます。

そして、もしも無理が生じたり、不測の事態が起きた時には医師に相談をすることが大切だと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク