チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は以前、うつ病を患い、精神科に約5年ほど通院していました。

<うつ病と性格>

現在は無理のないように心がけながら、社会復帰をし働いています。

私はうつ病と診断を受ける以前は、自分で言うのもなんですが「明朗快活」な人間でした。

初対面の人とも楽しく接することができ、「いつも明るいね」と言われていました。

そんな自分の性格が、その後うつ病になるなんて思ってもいませんでした。

そして、うつ病と診断されてからも「自分がそんなはずない」「周りに申し訳ない」と強く思いました。

5年ほど経ち、現在では自分の性格を客観視することが少し出来るようになりました。

それでも、責任感が強く、NOと言えず、頑張り過ぎてしまいます。

「人に気を遣いすぎ」

仕事の面でも、そういう部分が出て自分の体調を崩してしまうことも初めはありました。

すると自分では意識していなくても職場の人に「いつも元気そうなのに意外と体弱いんだね」などと言われて酷く落ち込んだこともあります。

約5年間のうつ病の経歴を知らない人にとっては、そうなのかもしれません。

しかし、うつ病を発症し、その後通院をしていた私は明らかに性格が変化していました。

<性格の変化はうつ病のサイン?>

精神科に初めて行く前の私は、明らかに「明るいね」などと言われるには程遠い状態でした。

性格も変化し、おどおどと挙動不審になり、人と目も合わせられず、落ち込んで何かにおびえていました。

それでも、明るい自分でいなければと無理をしていましたが、パニック発作をしょっちゅう起こすようになってしまいました。

d

家族ともコミュニケーションが取れず、一人で部屋に閉じこもる毎日でした。



スポンサーリンク


私のように、以前と性格の違いが出てきている方は、周りの方も注意が必要だと思います。

慎重で計画的だった人が、突然無謀な行動を起こすようになった。

穏やかな性格だった人が一転して無愛想になり、怒りっぽくなった。

このように明らかに性格の変化がみられる人は「うつ病のサイン」が出ている状態なのかもしれません。

私の場合も、自分では何も変わっていないと思っていました。

ただ、体調が悪くパニック発作がよく出るなぁと思っていたくらいでした。

しかし、変化に気付くのはやはり、家族や身近な人でした。

病院へ行くように勧めてくれたのも、付き添ってうまく状態を話せない私に代わって医師に伝えてくれたのも周りの人でした。

<うつ病が回復すると性格はどうなるのか>

明らかに自分を失いかけていた私でしたが、通院することで段々と本当に少しずつですが回復へと向かいました。

色々な薬を処方され、副作用なのかイライラしたりするときもありました。

しかし、沢山の周りの人に支えられて、今は自分のことを理解できるようになりました。

以前と全く同じ自分ではありません。

うつ病が回復したことによって、「自分は心が弱く、無理をしがちな人間だ」と客観視できるようになりました。

「自分

そして、人付き合いや、仕事面でも無理をしすぎないように心がけることをするようになりました。

昔からの友人に久しぶりに会うと「雰囲気が穏やかになった」とよく言われます。

一時はうつ病によって、性格が自分の望まないほうへ変わってしまっても、回復することでうつ病以前よりも自分が好きになれました

医師のカウンセリングのおかげか、前向きに物事をとらえるように考えられるようにもなってきました。

うつ病の間の心の変化は人それぞれです。

本当に望まない怒りっぽさや、誇張が出てしまう人もいるかもしれません。

そんな時こそ、素直な気持ちを周りや医師に伝え、前に向かう事が治療が良い方向へ向かうのだと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク