チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は、数年前まで約5年間うつ病を患っていました。

<うつ病と生活保護>

精神科に通うのが精いっぱいで働くことも出来ず、対人恐怖もあったため家に引きこもりがちでした。

毎日が生きるのが困難で、辛く、寂しい悲しいという気持ちしか持てませんでした。

今思えば、見る角度を少し変えるだけで自分には大切な家族や友達、そして働けなくても支えてくれる親などがいました。

市役所や社会福祉協議会の方にも親切にしていただきましたし、医師にも大変お世話になりました。

しかし、その当時の自分の心はネガティブを通り越して絶望のようなことしか考えられませんでした。

それが「うつ病」と言ってしまえばそれまでですが、何にも興味もなくただ生きるのはとても苦しいものでした。

私は子育てもしておりましたので、子供にも本当に辛い思いをさせてしまったと思います。

シングルマザーな上に働けない私は、両親の世話になり生きていました。

「シングルマザー」

それまで正社員として勤めていた職場からの退職金と、少しの貯蓄を切り崩して生活しても2年も持ちませんでした。

病院代や生活用品代、食費、子供にかかるお金、全てを親に頼っていました。

すると今度は頼っている自分は、情けなく申し訳ない酷い人間だと思うようになりました。

このままでは、いけないと思い、私は生活保護を受けようと市役所に相談へ行きました。

<生活保護の狭き門>

私は、人と話すのが苦手でしたので、なかなかうまく自分の状況を伝えられませんでした。

対人恐怖が両親へも感じるようになり、誰とも一緒に住めない状況のことや、心の状態を言えませんでした。

すると役所の方は「親など生活の援助が受けられる環境の方は生活保護は受けられません」と言いました。

「役所」

私は絶望の淵から落ちていくような気持ちで、本当に悲しく先が真っ暗な気持ちになりました。



スポンサーリンク


それを医師に伝えると、医師は「自立支援医療(精神通院医療)」の申請をするように勧めてくださいました。

そして、精神科の負担が1割になり、負担がとても軽減されました。

私はほとんど家にこもっていたので、病院へ行く以外に特にお金はかかりませんでした。

食費などは、払えませんでしたが、病院代が安くなることでとても安心し、心が安定しました。

しかし、対人恐怖がなかなかよくならず、家族とろくに話すことも出来なくなりました。

そこで、パートかアルバイトでもいいから少しでも働いて、子供と二人暮らしをしようと考えました。

<生活保護の引っ越しの方法>

私は公営住宅に当選し、思ったよりもすんなりと引っ越しができました。

自立しなければいけないというプレッシャーで初めは症状は悪化しましたが、子供と協力しながらなんとか生活しました。

「公営住宅」

そして、現在は子供と仲良く元気に、無理のないように働きながら暮らしています。

離れていると家族とも良い距離感を保てるので精神的にも楽になりました。

しかし、生活保護の人が引っ越しをする場合は、私の時とは少し違うようです。

自分で住みたい場所が決まっても、引っ越しの費用を国へ申請しなければならないからです。

物件を役所に申請→契約の初期費用を受け取る→ケースワーカーに契約書と領収書を渡す

という手順で進めなければならないそうです。

そして、住む場所や世帯人数によっても家賃の上限が決まっており、それは自治体によって多少違うようです。

引っ越しをした後もケースワーカーが家庭訪問にやってきます。

うつ病を患っている人にしてみると、色々な手順があり、とても過酷な状況のような感じもします。

それでも、うつ病で働けず生活保護の支給を受けているのであれば、ここは乗り越えなければいけないところだと思います。

生活環境を整えたり、変化させたりすることは、時に精神状態を良くする作用がある場合もあります。

まずは、うつ病の回復へと向かう一歩として引っ越しが必要なのであれば、するべきだと私は思います。

生活保護の基準にしたがって、ケースワーカーと相談しながら手順を進めることが大切です。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク