チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は、うつ病と診断を受けて約5年間精神科で通院治療をしていました。

<うつ病の睡眠について>

現在は社会復帰をし、無理のないように働いていますが、一時は入院を勧められるほどでした。

症状は悪化の一途をたどり、子育てをしていたので特に朝起きるのが大変でした。

なぜなら夜に眠れないからです。

「夜 寝れない」

眠れずに静かな世間の中で自分だけが取り残されているような気持ちになりました。

そして、朝を迎えるころには疲弊し、起き上がる気力もないくらい動けないのです。

早朝に目が覚めることもありました。

睡眠時間はとても短かったように思います。

しかし、目が覚めるだけで起き上がって動けるわけではありませんでした。

当然、子供の朝の支度を手伝ったり、朝ごはんを作ってあげたりという事も出来ませんでした。

本当に情けないことだったと思います。

しかし、それで自分を責めてしまい、また症状が悪化していってしまっていました。

<不眠症の薬と朝の起き方>

不眠症の症状が酷いため、数種類の薬を寝る前に服用していました。

入眠剤と中途覚醒を抑えるための薬でした。

しかし、入眠剤は効き目が早く朝まで残らないものの、中途覚醒を抑える薬は朝がとても怠いものになりました。

医師に相談し、何種類か薬を試しましたが、なかなかうまくはいきませんでした。

私のうつ病の症状は、不安・頭痛・落ち込み・対人恐怖・パニック症状が・不眠が主なものでした。

その為、日中に服用する薬も、夜だけ服用する薬もたくさんありました。

そのうえで、睡眠薬を服用するので、本当に一日中ずっとぼーっとして過ごすことが多かったように思います。

「ぼーっとする」



スポンサーリンク


しかし、これはうつ病の特有の脳内の【セロトニン】という物質の減少が原因であり、起きれないことが原因ではないのです。

ですから、自分が起きれないことに落ち込んだり、責めたりしても問題は解決しません。

<朝起きれないことを予防するためには>

うつ病の症状が出ている時は、どうやっても体がうまく動きません。

薬の影響もありますが、病気の症状として倦怠感や焦燥感があるからです。

これは、朝早起きを頑張ってすれば治るものでもありません。

では、朝起きるためにどのようなことをすればよいのでしょうか?

まずは、いきなり早起きをしないように心がけることです。

30分ずつなど、少しの時間でいいのでいつもより動く時間を調整してみることが大切です。

そして、きちんとお風呂に入ることです。

シャワーだけで済ませてしまうより、お風呂にちゃんと浸かることで眠りのリズムが出来てきます。

「入浴」

うつ病は、自律神経を崩し、体内のリズムが変化しやすい状態が起こります。

ですから、無理のないように睡眠の時間をコントロールできるようにすることが大切です。

他にも日中調子が良い時だけでいいので、少しだけ運動をすることもお勧めです。

多少の体の疲れがないと、ゆっくりとした睡眠はとれません。

もっとも大切なことは、焦らないことです。

「昼頃に起きてもしょうがない」くらいの気持ちで、頼るべき時は周りに頼り、まずはうつ病を治療することに専念することです。

【起きれない】ということが悪いことではないのです。

うつ病の治療が進むにつれ、徐々に生活のリズムも整っていきます。

朝日を浴びて体内のリズム、すなわち自律神経を調整することでうつ病の改善にも繋がっていくと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク