ユウユウ

こんにちは、ユウです。

現在、勤務先にはうつ病であることを伏せて働いています。

私のように、うつ病を隠して就労している方も世の中には少なからずいるはず…今回は、うつ病だということをカミングアウトするメリットやデメリットなどについて書いていきたいと思います。

【うつ病と仕事】全員に知らせれば良いというわけではない

「女性 パソコン 自宅」

 

上記の通り、うつ病であることを必ずしも公言せねばならない訳ではありません。

私の経験では、「ユウさんはうつ病なんだって」と周囲に触れまわってしまう方がおり、職場にいづらい雰囲気になってしまったことがあります。

直属の上司や、信頼関係がきちんと築かれている同僚などにのみカミングアウトすることをおすすめします。

派閥のある会社に勤めている人や、外回りの多い営業職に就いている方は、外聞もありますから、あまりカミングアウトをしないほうが良いと思います。

うつ病の人が思っているよりも、世間の人はそういった情報には不快な印象を受けますし、そういった話ほど広まるのは速いのです…

【うつ病と仕事】うつ病だと公言しない方が得策と言える時とは?

「うつ病 仕事

最初に述べたように、私は今の勤務先に病気のことは話していません。



スポンサーリンク


なぜなら、話しても私に不利益なことしか起きないからです。

例えば、自営業の方。

商売を営んでいる場合などは、その人でなくてはできない仕事が多々あります。

ですから、うつ病だと相手に伝えることはイコール、他の類似企業に顧客が流れていきます。

また、こちらも噂が広まってしまいますので、なかなか失った信用を回復できなくなってしまうのです。

私の場合も似たようなもので、私の担当業務に就いたことのある人がいないのです。

また、周囲の人もうつではないにしても身体の調子が悪いとか、家庭の事情であるとかで休む方も多いので、なかなか辛いと言えないことも理由の一つではあります。

【うつ病と仕事】うつ病だと公言した方がいい時とは?

「うつ病 仕事」

たくさんの仕事を抱えていたり、責任度が高い仕事をいくつか任されている場合は、うつ病だと相手に伝えたほうが物事がスムーズに進みます。

私の知人が一時軽いうつ状態になった時は、本人の希望で役職付きから一般社員にしてもらったそうです。

うつ状態で、心身のキャパシティがオーバー気味になることは、何より本人のストレスですし、それによって周囲に迷惑がかかるのを恐れたとのことです。

その際、知人は上司と同じプロジェクトのメンバーにのみ、心の不調を伝えて、フレックスタイム制に勤務方式を変えてもらっていたそうです。

調子の悪い朝は自宅で過ごし、昼前くらいから出勤していました。

後日、調子を取り戻した彼女は、また朝から働きに出ています。

病気の症状を周囲に伝えるかどうかは本人次第ですが、周囲の方の性格や状況なども加味して考えていただければ幸いです。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク