ユウユウ

こんにちは、ユウです。

うつ病と診断されてから色々なことを考える日々です。

その中でも「どうして私はうつになったのか?」という疑問は未だに解決するメドが立っていません。

それについて、インターネットで調べたことやお医者さんから聞いたことを今回は書いていきたいと思います。

【うつ病と遺伝】うつ病は遺伝するのか?

「遺伝

ずばり、まずこれを考えました。

というのも、私の母方の親族にうつ病を患っていると思われる人が多いのです。

うつ病の人からはうつ病の人が生まれるのではないか…と、己の生まれについてグルグル考えたこともありました。

しかし、調べてみると、近親者にうつ病の人がいた場合、うつ病になるリスクは高まるものの、確実になるというわけではないようです。

似た環境に存在しているために、思考や性格が似てくるのではないかと言われています。



スポンサーリンク


【うつ病と遺伝】離れて暮らしても?

「遺伝」

ところが、うつ病の家族と離れたところで育った子どもが将来うつ病を発症する確率はやはり高いのだそうです。

DNAと遺伝子(中学校では2つの言葉を同義と習いましたが、厳密には違うものです)のどれかがうつを引き起こすかは解明されていません。

主治医の先生曰く、複数の遺伝子が関与して『うつ病に対するかかりやすさ』が子孫に遺伝するのだそうです。

そして、うつになるかどうかは他にも理由があるそうです。

その人の性格です。

物事を楽観視できるタイプの人と、何にでも完璧であろうとするタイプの人とでは、後者のほうが自分を追い込みうつになってしまいます。

【うつ病と遺伝】結論は?

うつ病は遺伝するのか、という問題はYesともNoともいえるのだというのが私の考えです。

『うつ病に対するかかりやすさ』が遺伝しても、生活の仕方を工夫することでうつ病を回避している人もいますし、うつ病にかかりにくい家系に生まれても多くのストレスにさらされて心を病んでしまう人もいます。

どうすればうつ病が寛解するのかは別の機会に考えるとして、今回はここまでとさせていただきます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク