ユウユウ

こんにちは、先日何度目かの自立支援医療の更新手続きをしました、ユウです。

今回の自立支援医療の更新には医師の診断書が必要でした。

初めて貰う診断書の時とは少し手順が異なりますが、今回は診断書がどうやって発行されるかご紹介したいと思います。

【うつ病の診断書】症状に合わせて病院は選びましょう

「病院

ひとくくりにうつ病治療といっても、精神科と神経科と心療内科ではどこにスポットを当てるかが変わってきます。

精神科は、不安やイライラ、落ち込みなど心の症状が強いときに行きます。

神経科は、身体が震えたり力が入らないなど神経の異常が疑われるときに行きます。

そして、心療内科は、身体のだるさや吐き気など身体的な症状が目立つ場合に行きます。

【うつ病の診断書】うまく説明できないときには

「メモ」



スポンサーリンク


準備をする余裕があれば、メモなどにいつごろからどんな症状が出ているのか書くといいでしょう。

その場で説明することが苦手な人は、メモを医師に渡すのもアリだと思います。

私は今も日記のようなメモをつけているので、毎回通院の際はそのメモを見ながら主治医と話をしています。
さて、話はそれましたが、医師に自分のうつ状態がいつごろから出ているのか、どんなうつ状態だと感じるかなどを説明します。

もちろん、それだけでは医師に全てが伝わるわけではないので、医師からも「○○することは辛いですか?」「○○は前と比べてどうなりましたか?」といった質問をされると思います。

初診ではない場合は、服用している薬や経過についても診断書に記載されます。

また、以前かかった病気やアレルギーなども質問されるようです(恐らく薬の飲み合わせの問題だと思うのですが、訊いてくるのは私の主治医だけかもしれません)

【うつ病の診断書】その場で診断書が出る場合もある

私がかかっている医院は、診断書は原則当日には出ません。

「書いておきますので、書き終わったら連絡します」と言われ、後日受け取りに行って診断書の文書料を支払います。

ですから、通常の診察と併せて診断書をお願いすると、診察料金と診断書料金の二つを支払うことになります。

診断書にかかる費用については別な箇所で言及しましたが、診断書をお願いするときはお金は多めに財布に入れておくといいでしょう。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク