ユウユウ

こんにちは、ユウです。

私自身の体験ではありませんが、今回はうつで休職した友人の体験を書いてみたいと思います。

友人は今では社会復帰を果たしており、記事を書くことを快諾してくれました。

【うつ病と休職】根がまじめで、なかなかNOと言えない友人

ここでは、私の友人(Aとします)が休職し、今はどうしているかなどを書いていきます。

休職を考えている人の参考になれば幸いです。

Aとは大学が一緒でした。

同じ学部で、アルバイトもAの紹介で私は同じところで働いていました。

Aというのが、口数は少ないながらもまじめで、頭の回転の速い人です。

ですから、上司には気に入られ、いろいろな仕事をふられていました。

【うつ病と休職】就職して数年は順風満帆

Aは人当たりも良く、誰からも好かれる性格でしたし、何より成績優秀でした。

文字通りバリバリ働き、出世もしたようです。

ところが、就職して数年後、Aはうつ病で休職していました。

上司の指示や命令そして期待と、後輩の愚痴や不満の間で板挟みになっていたそうです。



スポンサーリンク


診断書をもらって休職している間にAはめったに外出しませんでした。

仲間内では心配する声が出ていましたが、Aは人と会うとまた責められたり自己嫌悪に陥るので、しばらく放っておいてくれと言います。

通院と服薬はきちんとし、毎日日記をつけていたとのことです。

【うつ病と休職】少しずつリハビリを

通院していた時期の話をAに聞きましたが、最初は病院を出たら直ぐに帰宅して部屋にこもっていたそうです。

服薬を続け、身体に合う薬が定まって症状も安定してきたころ、ふと気が向いて帰宅途中に図書館に立ち寄ったそうです。

人と会話する必要のない図書館をAは好み、その後通院のたびに図書館で過ごしてから帰宅するようになりました。

図書館で本を読んでいるうちに、新しい資格をとることに興味がわき、今は職業訓練校に通っています。

貯えがあったため、金銭的な不安は少なかったとAは今では笑っていますが、当時は表情がなく、私の知るAとは別人のようでした。

またいつの日かAは働き始めるのでしょうが、その時には周りのことだけでなく自分の心身を大切にできるようになっていることを願うばかりです。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク