ユウユウ

こんにちは、ユウです。

うつ病の診断書を出してもらった方は少なからずいるかと思いますが、これから診断書をお願いしようか迷っている方の参考になれるよう、今回はメリットとデメリットを書いていきたいと思います。

【うつ病と診断書】診断書を出すメリット

「入浴」

働いている人が会社にうつ病の診断書を出した場合のメリットは何より、休息の時間がとれることです。

休職なり退職なりが、通常よりも安易にはなります。

また、病気・怪我で仕事を休まざるをえなくなった人に支払われる『傷病手当』を得ることもできますので、金銭的な不安も多少は解消されます。

仕事の業務中の傷病に対して支払われる労災(労働者災害補償保険)とは別に、業務外の傷病であることがポイントです。

そして、私がそうでしたが、働き方を変えてもらえる可能性があります。

たとえば、はじめは接客や対人業務を主とした仕事をしていましたが、うつ病の診断書を出した後は内勤に就くことになり、加えて、労働時間の短縮処置もとってもらえました。

【うつ病と診断書】診断書を出すデメリット

「解雇」の検索結果   Yahoo 検索(画像)



スポンサーリンク


働いている人が会社にうつ病の診断書を出すことにより考えられる最大のデメリットは『退職・評価の下がる可能性』です。

会社としては、うつ病でいつ治るか分からない(本来、うつに完治という表現は適切ではありませんが、一般の人の認識としてはこの表現が適切でしょう)人間を雇い続けることは、リスクの高い行為です。

特に毎年新入社員や中途採用社員が入ってくるような会社であれば、なおさら「次に入ってくる人に頑張ってもらうから、あなたはどうぞ治療に専念してください」と退職をすすめられる可能性が高いといえます。

そして、人の口に戸は立てられませんから、確実にあなたがうつ病で診断書が出るほどの状態だと周囲に知られます。

世の中、いろいろな人がいますから、気遣ってくれる人もいれば、仕事を押し付けられて迷惑であるという人も出てきます。

そのような声あるいは悪意に耐えられない状態であれば、上記と同じく退職へと繋がるかと思います。

【うつ病と診断書】おわりに

いかがでしょうか。

私は最初の勤め先では周囲の理解が得られたためメリットが大きかったのですが、いくつかの職を転々としている今は、デメリットのほうが多く目につくようになってきました。

通院し、服薬していることを、勤め先に今は伏せていますので、みなさまも診断書を出した後先のことを一度見据えてみてはいかがでしょうか?

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク