チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

今回は、夫がうつ病になった場合生活費も含め、どのように支えていけば良いかを書いてみたいと思います。

【うつ病】夫がうつ病になったら

%e3%80%8c%e5%a4%ab-%e7%97%85%e6%b0%97

うつ病という病気は、特別なものではなく、誰にでも起こり得る病気です。

ですから男女比で見たり、年齢層で見ても、老若男女問わず全ての人間に起こりえます。

そんななか、もしもご結婚されていて、旦那さんがうつ病になってしまったらどうなるでしょうか?

うつ病の症状としては「不眠」「落ち込み」「物事への興味の消失」「身体的不調」などがあります。

私の場合は、これらの症状に加え、対人恐怖症やパニック症状が酷く出ていました。

人により症状は様々ですが、一家の大黒柱ともなりえる、夫である方がうつ病を発症してしまうと本当に大変です。

もちろん仕事への影響もありますが、目を離せない「急速期」という時期では、家に一人で居させることもなかなかできません。

夫婦共働きだとしても、夫が一人で家にいることが困難な場合もあります。

そうなると、色々な影響が家族には起こります。

男性は女性よりも病院へ行くタイミングが遅い場合が多いと言います。

その為、初めは「うつ症状」だったものが「うつ病」と診断されるまでに悪化してしまっていることが多いのです。

ご本人も大変ですが、周りにいる方、伴侶である妻、子供、色々な影響があり大変困難な状況になります。

【うつ病】治療中の夫をどうやって支えるか

 

夫がうつ病になってしまった場合は、まずは医療機関に向かうと思われます。

初めは病院へ行きなれない方もいらっしゃるので、連れて行くことも困難な場合もあります。

付き添って説得し、やっと病院へ連れて行っても、ご自身で病状や心の状態を説明するのは難しいかもしれません。

そこで、付き添っている家族が代わりに説明をしたり、病状を伝えたりすることが大切です。

うつ病は、落ち込むだけが病状ではなく、時としてイライラして周りに当たり散らすこともあります。

%e3%80%8c%e5%a4%ab-%e6%80%92%e3%82%8b

その時、男性が当たり散らすという事は、本当に家族にとっては「恐怖」でしかないと思います。

諦めて離れてしまうご家族もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そこで忘れてはいけないのは「心の病気だから本当のその方ではないということ」です。

良くなる時が必ずくること、大変だけれど本当に治りたい思っているのは当人自身だという事。

それを踏まえたうえで支えていくことが重要です。

私もうつ病になり、色々な家族や友人に支えられました。

一度は離れた人もいましたが、今は自分が「寛解」を迎え、また会えるようになりました。

治療中は、浮き沈みがとても激しいものです。

おいおいと泣くときもあれば、荒れた様子でイライラするときもあります。

それを支えるご家族の心労も重なることでしょう。

それでも、どこかで支えを必要としているご本人に前向きに考えてもらうことが出来ないと前には誰も進めないのです。

【うつ病】生活費の工面はどうするのか?

%e3%80%8c%e7%94%9f%e6%b4%bb%e8%b2%bb



スポンサーリンク


夫である方がうつ病を発症すると、一番に気になることがお金の問題です。

もちろんご本人の病状を把握し、治療することが一番大切なことですが、病院もタダではありません。

生活の基本を支えている夫が、働くこともままならない状態で、病院へ通うことはとても大変です。

病気を発症した初めの時は、常に側に居なければならない状況がある場合もあるので、妻だけがフルタイムで働くことも出来ません。

子供の世話などもありますし、生活の工面もしなければならない。

そしてそんなことを病気である夫に話してしまうと、自己責任を感じてしまうかもしれません。

ですから、夫が生活費を稼げず病院へ通うことは本当に妻にとっては「苦悩の日々」とも言えるかもしれません。

しかし、ここで悲観的にばかりなっていても、うつ病が感染病のように周りを巻き込んでしまいます。

今はうつ病という病気も一般的なものとなり、精神障がい者の申請もできます。

そこまでではなくても、自立支援医療という制度もありますので医療費の心配は特にないでしょう。

医師の判断を受け、きちんと手続きをすることで解決できることも多いのです。

そして仕事面では、「休職届」を提出したり、「傷病手当金」を申請することである程度の収入は確保できます。

1年6か月間の間は、傷病手当金を受けることが出来ますので、自治体の社会保険事務所に問い合わせたり、会社に問い合わせると良いでしょう。

国や自治体には色々な制度があります。

夫がうつ病になってしまい、妻までも悲観的になってしまっては家族が崩壊してしまいかねません。

ですから、自分で調べて手続きを出来る限りやってみることで、前向きに考えることが出来るかもしれません。

そうすることで、夫への態度もちがってくるのかもしれません。

【うつ病】色々な場面で家族はどう接するべきか

「朝4時」

イライラする時、落ち込みが激しい時、眠れずにいる時、うつ病の人には色々な状況があります。

それを全て身近で見ている妻や子供、親は本当に気苦労が絶えないと思います。

ですが、そこで一緒にイライラしたり、怒ったり、無理に元気づけても問題である病気は解決しません。

うつ病を経験した私が言えることは、自分自身がどんな状態なのか理解するまでも時間がかかるということです。

そして徐々に、自分の中のことから人のことへ目を向けることが出来るようになるのです。

「寛解」の状況ですので「完治」ではありません。

眠れない時も不安なときもいまだにあります。

それでも、あの時よりも随分良い、こう考えるのが良いという経験値があるので、なんとか乗り越えられています。

そして、家族は病気が悪化した時と同じように、心配をしてくれています。

いい年をして申し訳ないと思う時もあります。

しかし、人は一人では生きてはいけません。

死ぬという決断も簡単には出来ません。

なぜならば、うつ病には必ず終わりが来るからです。

周りの家族もご本人もあきらめずに、小さな希望に目を向け、昨日よりも今日を見つめ、今日よりも明日を見つめることが大切です。

少しずつ前に進めているということを実感できれば、病気は必ず良くなります。

そのきっかけがどこにあるかは人様々ですが、ご家族があきらめず、あまり重圧を本人に与えないように接することが重要だと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク