チェルシーチェルシー

こんにちはチェルシーです。

今回は子供のうつ病についてどのような治療法があり、どういった接し方があるかを書きたいと思います。

【うつ病】子供のうつ病の特徴

%e3%80%8c%e5%ad%90%e4%be%9b-%e8%90%bd%e3%81%a1%e8%be%bc%e3%81%bf%e3%80%8d

大人のうつ病がテレビや雑誌などのメディアで報じられたり、ニュースになったりしています。

更には著名な方のカミングアウトによって大きく取りあげられるようになりました。

それにより、大人の方のうつ病は、世間一般にも広く知られるようになりました。

しかし、近年うつ病は徐々に年齢層が幅広くなり、若年化が進んでいるともされています。

大人のうつ病は、落ち込みや行動力がなくなったり興味がなくなったりするのが特徴ですが、子供の場合は少し違います。

子供は本来とても運動量が多く、大人のように表現力もありません。

その為、落ち込んでしまいやる気をなくすよりも、イライラしたりすることが多いのが特徴です。

私は自分がうつ病になった時に、子育てをしておりましたが、母親らしいことは何一つできませんでした。

それでも子供は、私を気遣い、慕い、心配してくれていました。

それでも、うつが伝染するということは考えにくいですが、影響を受けやすい子供時代にそんな親の状況を見ていた為、子供は時折急に情緒不安定になり、イライラしたりすることがありました。

今思えばあのままの状態であれば、確実に私の子供もうつ病になっていたのではないかと考えます。

【うつ病】子供がうつ病になる主な原因

大人がうつ病になるきっかけや原因は様々なことが挙げられます。

仕事のこと、恋のこと、家族のこと、介護のことなど、生活が幅広いため悩んでしまうきっかけも多いのです。

しかし、子供は小さな世界の中で生活しています。

学校や親との関係、それが全ての世界だったりもします。

小学校低学年くらいまでは、そのような環境であるのが当たり前だからです。

しかし、その小さな世界の何かが崩れてしまうと、子供は大きな影響を受けるのです。

自分がどう思われているのか?

周りについていけてるのか?

友人や親から好かれているのか?

このような事柄に変化が起きた時に、子供の自尊心を傷つけることに繋がることもあるのです。

うつ病を発症する前の「うつ状態」だとしても、これらが原因ではないかと考えます。

【うつ病】子供のうつ病の治療法

%e3%80%8c%e5%ad%90%e4%be%9b-%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

では、子供がうつ病になった場合の治療法とはどのようなものがあるのでしょうか?



スポンサーリンク


これは、大人とあまり大差はありません。

薬物療法やカウンセリング、そして休養です。

とにかく心と体が疲れているので、少しの間学校を休ませることになっても休養をとることが大切です。

私が精神科に通院している時、子供がしきりに「頭痛がする」と言い続けたことがありました。

心配になりMRIを受けたり脳外科に診てもらったりもしました。

しかし、それはただ「学校へ行きたくない」という気持ちの表れでした。

私は叱ることはしませんでした。

そして、一緒に病院へ通院しカウンセリングを長期間に渡って受けました。

子供は小児科の相談外来へ、私は精神科へという風に受診していました。

今でこそ「うつ病」という言葉が使われますが「自家中毒症」などもこういった子供のサインなのかもしれません。

小児科のカウンセリングは、他愛もない話を沢山していました。

どんなゲーム・アニメが好きか、将来どんな夢があるかを掘り下げて聞いてくれていました。

子供は好きなことに関してはのめりこんで医師に伝えようとしていました。

量は少なめでしたが、頭痛の予防薬として安定剤も処方されていました。

私の通院もありましたし、一緒に行動出来ることを喜んでくれていたので通院には前向きでした。

そして長期間根気よく医師との疎通を図ったおかげで、ある日自分から卒業を期にもう行かないと言いました。

自分のうつの状態も少しずつ良くなっていた時期でしたので、本当に嬉しかったです。

【うつ病】身近な子供がうつ病になったら・・・

%e3%80%8c%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%80%8d

身近な子供、自分の子供などがもしも、うつ病になってしまったらどうすれば良いのでしょうか?

私の場合は自分がうつ病だったこともあり、一緒に通院をして治療して治していこうという形でした。

しかし多くの場合はそうではないと思います。

親御さんや周りの家族のサポートがとても大切になってきます。

子供は前述したとおり、学校や親からどう思われているかという自尊心が消極的になりうつ病を発症しやすいです。

ですから「必要とされている」「頼られている」と思ってもらうことが重要です。

言葉や行動で常にそう言葉がけをしてあげると良いでしょう。

そうすることで子供の自尊心は保たれ、「受け入れてもらえている」と実感するのです。

こういう積み重ねがどのくらいの期間続くかは個人差があります。

私の経験上で、どうやっても心を開かない状態、言葉が届かない状態であればカウンセリングを中心に通院を長くするのもお勧めです。

長いスパンで考えると幼少期にきちんと心の健康を保つことを、覚えると大人になった時にとても前向きに物事に取り組めると考えます。

うつ病になってしまった、かわいそうだと決めつけずに、休息をとりながら親子、友人、家族として向き合うことが大切です。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク