チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前に社会復帰するまで、約5年間うつ病と診断を受け、精神科に通院していました。

うつ病と体の痛みの関係

なんどか転院をしたり、入院を勧められたりと紆余曲折ある治療経験でした。

それでも、周りの助けと理解に支えられ、うまく疎通の出来る医師と巡り合えたことで回復しました。

今は無理のないように仕事と子育てを両立しています。

私はもともと10年以上前から【パニック障害】を患っていました。

自分でも気づかないうちに不安が襲い、一気に呼吸か苦しくなりました。

その為、地元の内科に行き安定剤を発作時に服用するように処方されていました。

うつ病の症状が出始めたのはその後5年以上たってからでしたが、パニックの発作も一緒に併発していました。

そして、持病とも言える【頭痛】が酷くなって、薬を服用しなければ日常生活を送れない状態になったのもこの頃からでした。

うつ病と頭痛は一見関係のないもののように思えますが、体の痛みと心の苦しみ辛さは、密接に関係していると言います。

<うつ病で痛みが出る要因>

「めまい」

うつ病の症状として思い浮かべられることが多いのが「心の症状」です。

気持ちの落ち込み・不安・それらからくる不眠・食欲の減少や増加などがあげられます。

「身体的症状」と言えば、不眠や食欲の低下からくる【めまい】や【血圧の低下】などでしょうか?

しかし、うつ病はそれだけではなく【痛み】として、身体的症状を引き起こすことがあります。

そして、気付かずに内科や整形外科に通院しているうちに、なぜか心療内科を勧められて行ってみると「うつ病」だったというケースもあります。



スポンサーリンク


では、何故「心の病」として有名なうつ病が、気持ちの不安定からくる身体の不調だけでなく【痛み】を伴うのでしょうか?

それは、脳の物質と関係しています。

うつ病になると脳内のセロトニンという物質が減少することが分かっています。

このセロトニンという物質は原因不明の疼痛や、片頭痛などに関係していると考えられています。

セロトニンやもう一つの脳内物質ノルアドレナリンという物質が通常の状態であれば痛覚は適度に抑えられていると考えられています。

これが、うつ病により脳内の物質が減少することで【痛み】の制御がうまくできなくなり過敏になるのです。

<痛みがうつ病にもたらす影響>

「片頭痛」

私はうつ病になるまで、頭痛は持病として自覚がありましたが、酷い状態は月に2~3回程度でした。

そして、仕事をしながらでもその痛みとうまく付き合えていました。

しかし、うつ病と診断を受ける少し前から、市販の痛みどめを1日に3回は飲まなければ動けない状態でした。

うつ病になると前述したとおり、痛みに過敏になります。

普段感じなかった些細な痛みを、とても辛い痛みとして感じるようになるのです。

その為、私は医師に相談し、精神科で痛みどめを処方してもらいました。

この痛みどめは、いまだに辛い症状の時が月に何度か現れるので、現在は内科で処方されています。

以前から痛みがあったけれど、酷くなった。

突然普段痛くない所が、毎日のように痛む。

といった症状が現れてきたら、それは一概には言えませんがうつ病の「サイン」なのかもしれません。

これを見逃さずに、初めは精神科でなくてもきちんと医療機関を受診することが大切だと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク