チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

数年前に社会復帰するまで「うつ病」と診断され、約5年間精神科に通院していました。

<うつ病と痛み>

私は仕事を休職し、その後退職しましたが、子育てもあったので本当に苦しい5年間でした。

一番つらかったのは、動けないことと落ち込みが激しいこと、そして頭痛と肩の痛みでした。

痛みはうつ病と関係ないんじゃないの?と一見思いますが、調べてみると違いました。

精神科の医師にも頭痛と肩の痛みが強いことをしきりに訴えて、薬を処方されていました。

元はと言えば、うつ病と診断される前の変化は、パニック症状が酷くなったことと、頭痛が激しくなったことでした。

もともと、パニック障害もあり、発作時の安定剤を服用していました。

同様に内科から頭痛の為の鎮痛剤も処方されていました。

しかし、痛みは月にせいぜい1~3回の程度で済んでいたのが、毎日鎮痛剤を服用しなければ行動ができないほど痛みが激しくなっていました。

<うつ病による脳内物質の変化>

「脳」

うつ病になると「セロトニン」や「ノルアドレナリン」「ドーパミン」などを総称する【モノアミン】が減少します。

ですから、そのモノアミンを増やすことで痛みを緩和することが出来るのです。

痛いからと言って、内科や整形外科で鎮痛剤を処方されてもなかなか治りが遅く感じるときがあります。

実際自分もそうでした。

その後、体調だけでなく、心も不安定になったため家族の勧めで精神科に行ったところ「うつ病」と診断されたのです。

ここで、ポイントとなるのは、うつ病による痛みの治療は「鎮痛剤だけでは不十分」ということです。

うつ病本体を治療し、モノアミンを増やす抗うつ薬を服用することで、痛みに変化が出てくるのです。



スポンサーリンク


どうしても痛みが激しい時は「鎮痛剤」を使用し、その時だけでなく継続的に抗うつ薬でモノアミンを増やすことが大切なのです。

そして、そのほかにも、「筋弛緩薬」とよばれるハリやコリをほぐす薬を用いることもあり、それも効果的です。

いずれにしろ、その治療は内科や整形外科では不十分であり、なかなか治らないと思ったら精神科の門をたたくのも一つの方法かもしれません。

<うつ病の痛みは精神科へ>

「うつ病 仕事

痛みというと人は、どうしても精神科との結びつきを考えない所があると思います。

私も内科で鎮痛剤を処方されて満足していました。

実際に効いていたし、頻度が多くなり、痛みも激しくなっていましたがごまかしていました。

しかし、精神科へ行ったときには入院を勧められるほど、悪化し、対人恐怖も重なってろくに人と話も出来ない状態でした。

コンビニの店員さんも苦手なくらい、外に出るのがおっくうなくらい状態は悪くなっていました。

家族の勧めで精神科へ行ったときにも「なぜ精神科へ行かなければいけないの?」と疑問をもつくらい自覚症状がありませんでした。

痛みで辛い思いをしている方は、たくさんいらっしゃいます。

その多くが市販薬や処方薬で何とか乗り切っていらっしゃるのだと考えます。

全ての人がそうだというわけではありませんが、痛みが酷くなる、頻度が高くなるといった方は一度精神科を受診することをお勧めします。

筋弛緩薬や鎮痛剤は内科や整形外科でも処方されますが、それと同時進行で抗うつ薬が必要な方もいらっしゃるのです。

家族や周りの人、またはご自身で気付いたら、精神科でなくとも今はメンタルクリニックなど、開放的な診療をしてくれる医療機関がたくさんあります。

病院へ行くこと自体をためらって、酷い事態を招かぬよう、医師の正しい診断をあおぎ、適切な治療を受けることが重要だと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク