チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前まで約5年間、うつ病を患い精神科に通院していました。

<痛みはうつ病のサイン?>

現在は社会復帰をし、無理のないようにと心がけながら生活しています。

うつ病を発症した時は、ほぼ自覚症状はありませんでした。

あるとすれば、パニック発作が頻繁に起こるようになったことと、頭痛が酷かったことくらいです。

しかし、今考えるとそれらが、「うつ病のサイン」だったのではないかと考えています。

うつ病と言えば、心の病ということで、心の症状が出るのが普通だと考えられていると思います。

しかし【痛み】がいつもと違う、いつもより酷い、気にならなかったのに急に痛い、などが起きるとそれは注意が必要です。

私は、頭痛は十年以上前から持病としてありました。

しかし、1カ月に1~3回ほど市販の鎮痛剤を服用することで収まっていました。

それがうつ病と診断される頃には、毎日鎮痛剤を何度も服用しないと頭痛で動けないほどになっていました。

それに加えて、不安と落ち込み、焦燥感などが酷く、家族の勧めで病院へいったところ診断を受けたのです。

<痛みに対する治療法>

「脳」

うつ病が原因で起こる痛みは【自律神経】と【脳内物質の減少】が大きく関わっています。

うつ病になると自律神経が乱れ、脳内の物質が減少することにより、痛みに敏感になるのです。

これに対する治療法は、薬物療法となります。

しかし、単なる鎮痛剤のみを服用しても、うつ病による痛みは改善されないことが多いです。

なぜならば、うつの症状を改善しないと痛みの改善にもならないからです。

うつ病の治療は「モノアミン」(セロトニンなどの脳内の神経伝達物質の総称)を増やすことが多いのですが、それが痛みの改善につながるのです。



スポンサーリンク


ですから、同時進行で、痛みが出た時には鎮痛剤を服用しながら、うつ病の治療を進めなければいけません。

そして、うつ病の症状が緩和されてくると、自然と痛みも和らいでくるのです。

うつ病の患者さんの6割はなんらかの身体的痛みを訴えると言われています。

これを緩和するのとしないのでは、患者さん自身の苦しみが相当違うと考えます。

<うつ病による痛みの治療薬について>

では、実際にうつ病による痛みにはどのような薬が処方されるのでしょうか?

まず、うつ病による痛みには、効果的な抗うつ薬を使う必要があります。

具体的には神経伝達物質の中でも「ノルアドレナリン」という成分が痛みの抑制に大きくかかわっているのでそれを増やす抗うつ薬を処方します。

そして、身体的痛みを訴える患者さんで多いのが、頭痛・肩の痛み・腹痛が多いとされています。

もちろん全身のあらゆるところに痛みが出る場合はあります。

痛みが出る箇所にもよりますが、時には「筋弛緩薬」を使う場合があります。

肩こりの痛みが強い方や頭痛が強い方には、この系統の薬を処方されることが多いです。

筋肉のハリやコリを和らげることで、痛みを緩和する作用があります。

そして、痛みに直接効くのが「鎮痛薬」です。

腹痛の場合は特定の痛みどめがありますが、他の体の痛みにはほぼ同じような薬が処方されます。

これらは、「解熱鎮痛剤」と呼ばれるもので、風邪を引いたときなどに服用したことがある方も多いと思います。

有名なもので言うと、【カロナール】【ロキソニン】【ボルタレン】などが挙げられます。

これらは「プロスタグランジン」という痛みの元のような物質を抑える働きがあります。

しかし、一般的に鎮痛剤は胃腸を荒れやすくしますので、一緒に胃薬を処方してもらうなど注意が必要です。

服用回数なども守らなければいけないので、医師と相談のうえで上手にこれらの薬を活用することが大切です。

そして、ただでさえうつ病の症状で苦しむときに、痛みが更に上乗せされないように対処することが、うつ病を改善へと導くのだと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク