チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私はうつ病と診断されて通院していました。

<うつ病とうつ状態>

初めて診断されたのは、数年前で精神科には約5年間通院し続けました。

しかし、初めからうつ病という診断名がついたわけではありませんでした。

なぜなら、それ以前からパニック障害を患っていて不安感が強かったため安定剤を服用していました。

そして、うつの症状が出始めて家族に付き添われ、病院へ行ったときには「うつ状態が酷い」と言われました。

仕事を休職し、これは長い闘病生活になるかもしれないと家族が思っていた矢先に「うつ病」と診断書が出されました。

これは休職の申請をするために診断書が必要で、医師にお願いしたところ記載されたものです。

それまでは、病名をはっきりとは告げられたこともありませんでしたし、自分でもあまり病名に固執していませんでした。

でも、今現在普通に社会復帰をしてふと、考えると「うつ病」と「うつ状態」は何か違いがあるのか気になりました。

呼び方が違うだけ?とも思いましたが少し調べてみました。

<うつ病の定義>

who-google-%e6%a4%9c%e7%b4%a2

まずうつ病とは、WHOやアメリカの精神医学界における「うつ病の診断基準」というものがあります。

これによると、抑うつ気分、落ち込み、意欲減退、思考力低下、集中力低下、食欲不振または過食、不眠、ものごとの興味関心がなくなるといった状態をいいます。

そして、2週間以上症状が持続し、症状の数も何個か以上満たす必要があり、その症状によって日常・社会生活に支障が出ていることも条件となります。



スポンサーリンク


では、うつ状態とはどのようなことをいうのでしょうか?

それは前述したうつ病の症状が、出現している状態のことを指します。

簡単に言えば「病名ではない」ということになります。

例えば、パニック障害の方でも、ストレスが大きく重なったりするとうつ状態に陥ったりします。

私の場合も初めは、そのような状態であるとみられたのだと思います。

しかし、状態が悪化していったこと、長期間にわたったことで病名がついたのだと考えられます。

<うつ状態はどうすれば治るのか>

%e3%80%8c%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%80%8d

うつ病ではないからと言っても、一時的であってもうつの状態はとても辛いものです。

特に日常生活に支障が起きてしまっていれば、仕事や家のことに影響が出るものと思います。

うつ状態は、症状をみればうつ病と大差ありません。

失恋のショックで一時的に落ち込んでうつ状態である場合などは、一時的なものであるため様子を見ることも必要です。

うつ状態がとても酷く、なかなか回復の兆しが無い場合。

うつ状態としての心の落ち込みだけでなく、不眠や焦燥感、食欲不振などの他の症状もある。

こんな場合は治療が必要となります。

健康な人であっても、心の状態は色々なところに影響してきます。

無理をせず、一時的かどうかを自己判断するのではなく、上記のような状態であれば医師の診断をあおぐことが大切です。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク