チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

うつ病と診断されて約5年間通院した経験があります。

<うつ病と脳内物質>

現在は、社会復帰をし無理のない程度に家事との両立をしています。

自分がうつ病と言われた時は、受け入れるまでに時間がかかりました。

自覚症状が身体的症状の他に分からなかったからです。

確かに不眠や、パニック症状や不安などはありましたが、それほどだと思っていませんでした。

しかし、精神科へ付き添ってくれた家族には、私のいつもと違う行動が心配だったといいます。

そんなに怒るキャラクターでもないのに、イライラしてものに当たり散らしたりしたそうです。

かと思えば、急に落ち込んで泣いて悲観的になり、誰ともコミュニケーションをとらなかったそうです。

自分では意識していませんでしたが、確かに思い返せばそのような事があったような気もします。

うつ病は目に見えない病気です。

ですから、自分でも気づかないし、周りの理解もなければ病院へ行くことが無い人も多いと思います。

今も完全にうつ病の全容が解明されているわけでは、ありません。

しかし、脳内物質の量の変化が関係していることは徐々に明らかになっています。

<ノルアドレナリンの作用>

「脳」

うつ病に関係している脳内物質は総称して「モノアミン神経系」と呼ばれます。

この中には「セロトニン」「ドーパミン」そして「ノルアドレナリン」という物質があります。

特にノルアドレナリンは別名【やる気物質】と呼ばれるほど、物事への興味ややる気、意欲に関係が深い物質です。

これの物質が絶えず出続け、枯渇するとうつ病の発症に繋がるとも言われています。



スポンサーリンク


うつ病と診断されるとまず、抗うつ薬や抗不安薬が処方されますが、この薬の中にはノルアドレナリンを増やすための薬もあります。

NaSSA(ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬)と呼ばれる薬と

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)と呼ばれる薬があります。

これらを服用することで、脳内のノルアドレナリンが一時的に増え、うつ病の症状を緩和させます。

しかし、ノルアドレナリンが増えすぎるのも「躁状態」を起こす引き金となるので注意が必要です。

<ノルアドレナリンがもたらす影響>

「職場 いやみ」

少ないと意欲や気力、判断力、集中力、ものごとへの興味が減っていきます。

そして多すぎると、逆に血圧や神経が昂ぶった状態が続き、躁状態を引き起こす原因となってしまうのです。

どちらも、普段生活するうえで影響が大きいので、注意が必要となってきます。

薬に関しても調整する役割を果たしてくれますが、人によっては効きすぎたり、効かなかったりがあります。

その為、少しずつ様子をみて服用することが重要となりますので、自己判断で増減するのは大変危険です。

私も、ノルアドレナリンが増えたせいかは、きちんと分かりませんがイライラ感が強すぎて止まらない時がありました。

その時は予約の日ではなかったのですが、病院へ行き医師に相談したうえで薬の量を減らしてもらいました。

うつ病は脳内の物質と密接な関係があるため、治療していくためには本当に少しずつの投与が必要です。

慎重な判断が必要ですので、必ず医師の診察を受け、判断をあおぐことが重要です。

そして、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の役割が、きちんと正常になることでうつ病の回復へと繋がると考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク